第6章アトランティック・クロッシング!|2「カッコいい」=「クールcool」か?

今日の英語の日常会話で用いられる「cool」の意味は、「カッコいい」の比ではないほど多様化しており、少し考えただけでも、両者が単純に直結しないことがわかるーー。平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは、「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日毎日更新)

2 「カッコいい」=「クールcool」か?


「カッコいい」音楽

 さて、私が散々、「カッコいい」人として名前を挙げているマイルス・デイヴィスだが、『マイルス・デイヴィスの真実』(小川隆夫著)で、彼は自分の音楽を、端的に次のように定義している。

「オレの音楽がどういうものか教えてやろうか? 『カッコいい』音楽だ。それ以外に何がある?」(一九八六年)

 マイルスは、ダントーがモダニズム芸術の特徴と指摘した「様式戦争」を、自らの発展の中で独りで実践している。兄貴分のチャーリー・パーカーやディジー・ガレスピーが創始した即興的で熱狂的なビバップとは違う、アンサンブルを重視して、口ずさめるようなメロディを備えたクール・ジャズを創始したのを皮切りに、ハード・バップ、モード、新主流派、フュージョン、……と、常に自分の足跡を「もう時代遅れ」にしては、先へ、先へと突き進んでいったミュージシャンだった。『マイルス・デイビス自叙伝』は、今でも、ビバップ以降のジャズの歴史を知りたい人にとっての最重要文献である。

 ところで、勿論、マイルスは「カッコいい」などという日本語を知っているわけでなく、元々は「cool」という言葉を使用していた。それに「カッコいい」という日本語訳を当てたのは、著者の小川隆夫である。

 小川は、マイルスと個人的な交流もあり、マイルス本人から「お前は、オレのことならなんだって知ってるじゃないか。」とお墨付きを与えられたほどの人で、この時の会話やマイルスという人物とその音楽から受ける全体的な印象を考えても、妥当な訳語だと感じられる。

 実際、小川に限らず、coolを「クール」とカタカナで書かないのならば、「カッコいい」と翻訳するのは一般的なことだろう。そうした翻訳を見ずとも、私たちが「カッコいい」と感じているロックやヒップホップは、当人たちにとっては「cool」であり、私たち一人一人が、「cool」を自分の頭の中で「カッコいい」と翻訳し、憧れ、受容している。テイラー・スウィフトやレディー・ガガ、サム・スミス、Kygoを、今日、多くの日本人が「カッコいい」と感じているが、彼らにそれを英語で伝えようとすれば、ひとまずは「cool」と言うのではあるまいか。


「取り乱すことがない」態度

 それでは、一九六〇年代以降に流行した「カッコいい」の正体は、端的に「cool」だったのか? しかし、今日の英語の日常会話で用いられる「cool」の意味は、「カッコいい」の比ではないほど多様化しており、少し考えただけでも、両者が単純に直結しないことがわかる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
カッコいい」とは何か

平野啓一郎

『マチネの終わりに』『ある男』を発表してきた平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません