ぶっ飛んでると言われた持論を、ガチで実行しました

息子は『優しい子』になんて育ってほしくない」「義実家では、食事の手伝いは一切しない主義」「性欲がない人は子育てに向いている」など、独自の理論を展開する下田美咲さん。周囲からは「ぶっ飛んでいる」「実行するのは無理では?」と言われることもあるそうですが、今回、下田さんはとある持論を実行しました。

この連載を始めてから、早くも3年が経った。

自分ではそうは思っていないけれど、私の持論はぶっ飛んでいるらしく、この3年間は頻繁に「ぶっ飛んだことを言ってる人」としてネットで話題になり、そんな時には大体「現実はそうはいかない」という角度からの批判を受けてきた。

さて。

実はこの度、過去に発表してきた記事の中でも「あれはとくに非現実的に思われてたんじゃないかな?」と思う持論を、ガチで実行いたしました。

ということで、この機会に読者の皆様には「私、本当にそう思ってるし、マジでそういう風に生きてるんですよ!」ということを伝えたい!

という気持ちもあるし、過去記事の「後日談が生まれたからご報告」という意味でも書いておきたい話題なので、今回はご報告を兼ねながらの持論を展開したい。

結論から言います。

実はつい先日、「転勤が嫌すぎて、夫に会社を辞めてもらいました」!!

以前「旦那さんが転勤になったら、ついて行くのも単身赴任も断る」という記事を書きましたが、2年越しで現実のものとなりました。

さて、それでは事の詳細を、順を追って書いていきますね。

まず、夫に辞令がおりたのは2ヶ月ほど前のこと。夫婦にとって人生初の転勤辞令でした。

でも実は、その段階では私は「ひとまず転勤について行ってみる」ということを選びました。

転勤について行くことにした理由

その理由は大きく2つ。

まず1つ目は「人生で一度も転勤をしたことがないから、実際のところ転勤の何がどう嫌なのか具体的に分からない」と思ったこと。

思うことは色々あったけれど、それは結局どれも想像でしかないから、もしかしたら、ただの食わず嫌いなのかもしれない。

そして2つ目は「むしろ転勤が吉と出る可能性」への希望が捨てきれなかったこと。

東京生まれの東京育ちで、地方に縁のない人生を送ってきた私としては「地方に住むってどういう感じなんだろう、逆にチャンスがあったりするのか?」と思う気持ちがないわけでもなく、だとしても自発的に移住する勇気はないから、夫に辞令が出たら試しに移住してみるのはありなのかも? 転勤がキッカケで思わぬ方向に人生が広がることってあるのかも?って思ったり。

…というのも本当の気持ちではあるのだけど、もっともっと削ぎ落とした本音を一言で言うと【転勤の何がどう嫌なのかハッキリさせるために、とりあえず一度は転勤について行ってみることにした】というのがドンピシャ。

辞令が出たその日の夜、夫から「お願いだから今回は転勤させてほしい。ついてきてほしい」と懇願されて。

そんな彼に対して「絶対に無理!一度だって転勤するのはイヤ!」と言い切るには、今の私は転勤について知らないことが多すぎる、と思った。

だから、ひとまず転勤に応じてみることにした。転勤族として生きていこうと腹を括ったわけでも、夫の懇願に流されたわけでもなく、「転勤って、実際どんな感じなんだろう」という興味だった。

実際に転勤について行ってみたら……

転勤は、想像していた以上にドタバタだった。いや、ドタバタなんて優しいものではなく、もはや過酷だった。

こんなにも慌ただしいものなのか、と転勤の洗礼を浴びるような新居探しからの引っ越しをなんとか済ませて、新生活をスタートさせたのが今年の3月のこと。

そしてゴールデンウィークが終わる頃には、ハッキリと結論が出た。

「私、転勤がある人生、マジで嫌だわ!!」と。

転勤の何がどうストレスなのか、具体的にわかった。その結果として「3年おきに転勤をする男の妻として生きていくのは無理だ」と確信した。

確信をしてからの展開は早かった。

まず、その日のうちに、夫に「転勤族の妻として生きていくのは無理でした。この街で暮らしていくのは、もう限界。私は子どもを連れて実家の近所の快適なタワマンに引っ越すことにします。体調を崩した時に頼れる仲間がいる環境で子育てをしたい」と伝えた。

すると彼は「じゃあ俺もついていく!会社には明日辞めると伝えてくるから!」と言った。

そして3日後には会社との話し合いがひと段落し、晴れて、脱・転勤族となった。

夫にとっては苦渋の決断だった

サラッと書いてしまったけど、彼にとって会社を辞めることは苦渋の決断だったと思う。

というのも、彼は"今の仕事"が大好きだったから。普通のサラリーマンとしては珍しいくらい、彼は自分の仕事を気に入っていた。

転勤して間もない頃のこと、新しいプロジェクトの立ち上げで激務が続いた時期があった。

そんな激務のピーク明けの日のこと(出会ってから一番くらいのクタクタな状態だった)、彼は普段、私に対して仕事の話をしないのだけど「今日さ、仕事をしてて泣きそうになったんだ」と語り出したことがあった。

珍しいなと思いながら「どうして泣きそうになったの?」と訊くと、彼は「楽しすぎて」と言った。

「あまりにも楽しくて、そしたらなんだか感極まっちゃって、必死で涙をこらえたんだー」

文化祭の準備でナチュラルハイになっている学生みたいだな、と思った。クタクタなのにキラキラとしている彼を見て、「ああ、この人にとって今の仕事は天職なんだなぁ」と思った。

そしてこれこそが、私が転勤について、妙な希望を見出そうとしたり、「食わず嫌いかもしれないし…」などと粘ろうとしていた理由だった。

就職してからずっと、彼はいつも楽しそうに働いていた。結婚してしばらくしてから私が自分の経済力を暴露して、私のお金で2人で贅沢をするようになってからは「俺にとって仕事は趣味」と言っていた。

彼を見ていると「普通に就職した人っぽくないんだよなぁ。まるで夢を叶えた人みたいな働き方なんだよなぁ」と、よく思った。趣味と思える仕事に就けるって奇跡だし、本当に貴重。

でも、だからこそ、私はずっと葛藤をしていた。転勤がある仕事なんて、内定直後に初めて聞いた時からイヤだったけど、働くことを楽しんでいる彼を見ていたら、できることなら定年まで続けさせてあげたくなって、困っていた。

大好きな人から"楽しく働く人生"を奪いたくなくて、「転勤族の妻という境遇をプラスに変える生き方はないものだろうか…」と考え続けていた。

「一家の大黒柱は俺」と本気で言っていた彼

また、昇格の直前というタイミングだったことも、彼を苦しめたと思う。3年半コツコツと頑張ってきたことが評価されて、役職が上がり、年収が飛躍する時だった。そんな時に辞めるのは、働く男として複雑な想いがあったと思う。

それに、すごく怖くて不安だっただろうとも思う。

彼は普段から「美咲ちゃんの収入が0になったとしても、俺がこの仕事を続けていれば、家族みんなで最低限の暮らしは絶対にできる。だから俺はこの仕事を続けたい」というようなことを、よく言っていた。

これは私の憶測なのだけど、そう言っている時の彼の中には「俺のスペック(高卒・就職に有利な資格なし・アラサー)で、今以上に高収入になれる見込みがある仕事は、そうそう無い」という想いがあったんじゃないかと思う。

このまま順調に出世していけば、いずれはなかなかの年収になれる予定だった。(そしてその第一弾の大幅な昇給がついに確定して、まもなくだった)

彼にとって私は「将来超不安な職業の妻」で、だからどんなに収入格差があっても、「一家の大黒柱は俺」と普段から本気で言っていて、家庭を背負う覚悟で働いてくれていた。

それでもやっぱり、私にはもう無理だった。

だから、"楽しく働ける上に家族に苦労させない収入が得られる仕事"を手放すということは、 すごくすごく怖くて不安なことだったと思う。(※「苦労させない」の定義は彼の哲学に基づいて。私の価値観だとその収入じゃ足りない)

"俺のわりに高収入を目指せる奇跡の仕事"という点でも、手放したくなかっただろうし、普通に考えても、30歳手前で子持ちの男として、このタイミングでの退職は相当な覚悟が必要だったはず。

だから「7月末で退職することになったよ。俺はどこでも大丈夫だから、好きな家を探してきてね」と言われた時、転勤族から解放されることに心底ホッとしたけれど、同時に「この人は一体、どんな想いで退職宣言をしたのだろう…」と思って苦しくもなった。コツコツと勤めたことがない私には想像がつかないけれど、きっといろんな想いがあったはずだ。

でも、それでもやっぱり、私にはもう絶対に無理だった。転勤族の妻として生きることには完全に限界を迎えてしまった。

だから、彼に会社を辞めてもらったことに後悔はない。一緒に生きていくためには、これしか道がなかった。

次回は、転勤の何がそれほどまでにストレスだったのかについてを書こうと思う。

次回「私が夫の転勤に耐えられなかった理由」は8/28(水)公開予定。お楽しみに!


下田美咲さんがオンラインサロンをはじめました!

メンバーからの質問・相談に、下田美咲さんが直接返信対応してくれるサロンです。
詳細はこちら

この連載について

初回を読む
下田美咲の口説き方

下田美咲

下田美咲さんという女性をご存じでしょうか。13歳からモデルをしながらも事務所には所属せず、自宅の車を宣伝カーに改造してゲリラパフォーマンスを行ったり、「飲み会コール動画」などのオリジナル動画を180本以上手がけてYouTubeにアップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shimodamisaki 1位だー!! 嬉しいー! 🆕 4日前 replyretweetfavorite

mori_kananan |下田美咲 @shimodamisaki |下田美咲の口説き方 転勤…自分もしたことはないし、旦那の仕事も転勤はない。続きがすごく気になる。 なにをそんなにストレスに感じるんだろう… https://t.co/fmljugdcHs 4日前 replyretweetfavorite

kuru2kururi 旦那さんすごいなー、どういう心境なのか興味あるな 4日前 replyretweetfavorite