展示は生モノ! 浮世絵が1カ月で入れ替わる理由

美術展はたとえ常設展であっても、1週間や1カ月という単位で作品が変わってしまいます。その理由は、それぞれの美術品の作品が表現するモチーフにも影響を与えていました。そして浮世絵の次に取り上げるのは、隣の展示室にあった、謎の服。斬新な水玉模様で、どうやら衣装のようですが、いったい何に使われるものなのでしょうか? 上野にある東京国立博物館をひと巡りしながら、日本の美術史を概観できる週末アート連載です。


本館2階の「9室」展示。「能と歌舞伎 舞楽装束」(この展示は8月18日まで)。

常設展だからって油断できない展示替え

 めくるめく浮世絵の世界を抜けて、展示室の奥へと向かう。いきなり浮世絵の名品に出逢えたのはラッキーだったかも。歌川国芳による武者絵のシリーズ、細部を見始めたらいつまでも見ていられそう。この部屋を去るのがちょっと名残惜しい……。

「浮世絵の展示はおおむね1カ月以内で入れ替わっていきます。次に同じ作品が観られるのは、ずいぶん先になってしまうかもしれません。お気に召した作品がありましたら、しっかり目に焼きつけておいてくださいね。その代わり、この展示室には続々と名品浮世絵が並びますから、そのつど楽しむことができるともいえますが。8月にここを彩るのは、葛飾北斎、喜多川歌麿、歌川豊国らによる夏らしい意匠を持った浮世絵の数々です」

 えっ、そうなの。1か月しか展示しないなんて、ずいぶん短いんですね。展示物が多いから、それくらいの期間で回さないと出しきれないってこと?

「いえ、そうではないんです。和紙に摺られたものなので、長期間にわたって光にさらされると、傷みが激しくなってしまうんです」

 あー、なるほど。作品の保護のためなんですね。

「紙や木を素材にして多くが築かれてきた日本文化は、石や金属を多用する西洋文化に比して、長期間の保存に耐えられないことがしばしばです。それもひとつの特色と考えたほうがいいでしょうね」

 じゃあ、他の展示も入れ替わりが激しい?

「そうなんです。とりわけ書や絵巻物などは、浮世絵と同じく長い展示がかないません。ですから展示は、膨大な収蔵品を次々と入れ替えていくかたちとなります。ここ本館には、国宝を専門に展示する部屋もあるのですが、やはり出品のサイクルは1か月ごととなりますね」

 それぞれの作品を、一期一会の気持ちで観にくるのがよさそうですね。

「そのとおりです。美術に使う素材の違いは、東洋と西洋の文化や美術の内容にもかかわっていると思われますよ」

 どういうことですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
上野で2時間で学びなおす日本美術史

山内宏泰

気になった企画展などに行ってみるけれど、いまいち作品の魅力を味わいきれていないように思っているあなた。美術史の大まかな流れを知れば、アートはもっと楽しく鑑賞できます。『上野で2時間で学びなおす西洋美術史』(星海社新書)で登場したアート...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

fujinejima 使われる素材の違いが思想に繋がっている。“紙”に興味が出てきた。⇒「日本では、どんな作品でもいずれ消えてなくなることを、どこかで想定しながら制作しているフシがある」【第3回】 5年以上前 replyretweetfavorite

sadaaki 浮世絵の展示が1カ月で入れ替わる理由はそんなところに。日本文化を考えさせられます。/【第3回】 5年以上前 replyretweetfavorite