運命」と「強引」

ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さんがお届けするコラム連載。今回は2012年のクリスマスに、終電車で林さんが目撃したある「事件」からお話が始まります。男性と女性で、物事の見方がどれくらい違うのかがわかる、とっても為になるお話です。

クリスマスの最終電車で目撃した「事件」

いらっしゃいませ。

今日は女性の気持ちのお話です。

昨年の12月25日のことでした。
僕はバーの営業を早々と終えて、井の頭線の最終電車に乗って帰宅中でした。電車は最終なのにかなりすいていて、僕は座席に座ってぼんやりしていました。すると目の前に立っている男性が突然、隣に立っている女性に話しかけました。
男「あ、なんか目があっちゃいましたね」
女「あ、ええ(笑)」
男性はジーンズに品の良いダッフルコートで、手にはヘッセの岩波文庫を持っています。女性はショートカットでちょっと不思議な形の帽子が印象的で、黒目がくりくりしててかなり可愛い。

僕は「え?」とか思いながらこっそり注目していたら、
男「今日は今までお仕事だったんですか?」
女「ええ、ちょっと残業が長引いちゃって」
って感じで世間話が始まりだしています。
男「どちらまでですか?」
女「富士見ヶ丘までです。どちらまでですか?」
男「下北沢です」
なんて会話もしています。
下北沢は渋谷から4つ目の駅ですぐ近くです。富士見ヶ丘は渋谷から12個目の駅でずっと遠くになります。

そして電車が下北沢に到着しました。男性が爽やかな笑顔を見せながら「あの、握手しませんか?」と言って女性に手を差し出しました。女性もそれに答えて手を出しました。すると男性がその手を握るとぐっと引っ張って、なんと女性を下北沢の駅のホームへと連れ去ったんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

GeeeeN2525 どーんって押してダメならサッと引くが一番いいと思いますよねー 約4年前 replyretweetfavorite

miyuu90210  えーーーーーーーなにこの気になる感じwここからって時にこの先は有料パターン。。えーーーーーーーーーーー 約4年前 replyretweetfavorite

kantoku_kun この話を「素敵!」と言ってのける知り合い(女性)は思いつかないけどな… 5年弱前 replyretweetfavorite

ayamix630 たぶんだけど、女の人のほうが誰かに認められたい願望が強いのかなぁと思う。 5年弱前 replyretweetfavorite