発明者への見返りは企業の利益

【インタビュー】
ノーベル賞学者かく語りき⑦
中村修二(2014年 ノーベル物理学賞受賞)

※『週刊ダイヤモンド』2004年2月14日号の記事を抜粋

 中村氏は、青色発光ダイオード(LED)の発明の対価をめぐり、かつての勤務先の日亜化学工業に訴訟を起こした。2004年1月30日、東京地裁は日亜化学に請求通りに200億円の支払いを命じた(その後05年に、東京高裁で日亜化学が中村氏に8億円強を支払うことで和解)。

 まさに画期的な判決。裁判には大変な労力と時間、カネが必要となる。これは大きな負担。裁判費用も高額だ。日本の司法制度で個人が組織を訴えにくくなっている原因の一つだ。

 地裁が認定した発明の対価は604億円。産業界からは巨額の成功報酬が企業経営を圧迫するという意見が上がった。

 相当の対価の算定基準はあくまで超過利益だから、発明者へ支払うことで会社がつぶれてしまう心配はない。しかも利益を上げることのできない発明に相当の対価を支払う必要などないのだから、そうした意見は的外れだ。

 長期的には、社内の発明者へのインセンティブが上がることで優れた発明や技術開発が実現し、結果として企業にとっても利益となるはず。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年12/8号 [雑誌]

ダイヤモンド社
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-12-03

この連載について

初回を読む
日本人はもうノーベル賞を獲れない

週刊ダイヤモンド

21世紀に入ってからというもの、米国に次ぐ数のノーベル賞受賞者を輩出している日本だが、実は科学技術立国の足元は驚くほど揺らいでいる。近年の科学技術政策の実態を知る関係者ほど、「このままではもうノーベル賞など期待できない」と嘆く。どうい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード