なれなれしい相手には、「敬語」でよそよそしくする!

たいして面識もないのに、やたら馴れ馴れしく来る人っていますよね。鬱陶しいです。根負けして受け入れるともっと鬱陶しいことになります。さて、どうしましょうか?
人気カウンセラー・五百田達成さんの話題の書籍『「言い返す」技術』をcakesで特別連載! 事を荒立てずに、困った相手をスパッと黙らせる、完ぺき&超かんたんな「言い返し方」を伝授します。

 それほど親しくない人、一回か二回会っただけの人から、突然こんなLINEが来たらどうでしょう?

「よ、●●ちゃ~ん、ちょっと元気ないんじゃなーい?」──

「おつー。今度飲みに行こうよ。○○ちゃんに癒やされたいなあ」──

 びっくりしますよね。なれなれしくて、ぞっとします。

セールスの電話やしつこいナンパであれば、「いやです」「どなたですか?」「やめてください」「通報しますよ」で済むわけですが、ちょっとした仕事の相手などだと、そうもいきません。むげに断ると、「失礼だ」と相手を怒らせてしまうかもしれません。

 かといってここで受け入れてしまうと、のちのちめんどう。今後、こういう気持ち悪い連絡が頻繁に来るかと思うと、生きた心地がしない……。

 いったいどうすれば、なれなれしい相手をやんわりと遠ざけて、自分の平和を守れるのでしょうか?

◆距離が近い。近すぎる!

なれなれしい人たちに共通するのは、「距離感がおかしい」ということ。

 この人と親しくなりたい、いろんな話をする間柄になりたい……。そう思った場合、人はゆっくり時間をかけて、心理的な距離を近づけていきます。知り合って何ヶ月かたってから、ようやく「軽く飲みにでも行きませんか?」と言ってくるのが普通。

 ところが、こういう人たちはそこがズレている。

びっくりするほど早いタイミングで近づいてくる。しかも、ちょっと近づいてくるならまだしも、距離が近すぎる。

 だからこっちとしては、本能的に「やめて」「来ないで」と拒絶したくなるというわけです。

 悪気はないので、余計たちが悪いですよね。

 単にあなたと仲良くなりたいだけ。すでに仲良しと勘違いしているだけ。ただのうっかりものです。でも、こっちとしては気持ちが悪い。悩ましいです。

 ですが、ここで強調しておきたいのは、気持ち悪いものは気持ち悪い、ということ。

 コミュニケーションの基本として、「受け手が思うことがコミュニケーションの結果」というものがあります。

要するに「あなたが気持ち悪いと思ったら、気持ち悪いと認定していい」ということです。相手の意向は知ったことではありません。悪気があろうとなかろうと、気持ち悪かったら、断固、拒否しましょう。

 ……と、建前は、そうなわけですが、問題は、無難な遠ざけ方。事を荒立てずにお引き取り願うためには、どうすればいいでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

事を荒立てずに困った相手を黙らせるには? ”今日から使える”超かんたん会話術!

「言い返す」技術

五百田達成
徳間書店
2019-05-25

この連載について

初回を読む
言い返す」技術

五百田達成

突然キレてくる人。怖いパワハラ。気持ち悪いセクハラ。顔を合わせれば悪口&陰口。 ――あなたのまわりにもいますよね、そんな困った人たち。 事を荒立てたくはないけど、言われっぱなしもイヤ。あっちに「すみません」と反省させ、こっちもスカッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません