話がしつこい相手には、「まったくの無反応」が効く!

話がしつこい人って、ムカつきますよね。何度も何度も同じ話を繰り返されると、まるで壊れたレコードを聴かされているようで頭がおかしくなります。でも、だからといってそれを遮るのはNGなんです。
人気カウンセラー・五百田達成さんの話題の書籍『「言い返す」技術』をcakesで特別連載!
事を荒立てずに、困った相手をスパッと黙らせる、完ぺき&超かんたんな「言い返し方」を伝授します。

 たとえば、お説教。

 こっちが「わかりました」と言っても、ネチネチ、同じことを言ってくる。

 たとえば、飲み会。

 同じジョークや使い古された自慢話を、何度も繰り返してくる。

 話がしつこい人って、ムカつきますよね。

何度も何度も同じ話を繰り返されると、まるで壊れたレコードを聴かされているようで頭がおかしくなります。

 そこでついあなたは、「その話、前に聞きましたよ」とか「いや、わかってます。○○ってことですよね」と、さえぎったり、話を追い越したりしたくなります。が、それは得策とは言えません。

「失礼だな」と顔を真っ赤にして怒り出したりしたら大変ですし、逆に「そんなこと言わないでよ……」と悲しい顔をさせようものなら、変な罪悪感が芽生えます。

 最悪なのは「え、その話、ちょっと違うな」「わかってないな君は。よし、最初から話してやろう」と振り出しに戻られること。結果的にダメージは何倍にもなってしまいます。

 では、いったい、どうすればいいのでしょうか?

 無限ループする会話に、ただただ心をすり減らすしかないのでしょうか?

◆「かまってちゃん」が同じネタを使い回す

同じ話を何度もしてくる人は、リアクションを欲しがる人です。

 たとえば飲み会の例なら、人から「面白い」「なるほど」と言われたい、かまってほしい、そういう気持ちが抑えきれないわけです。

だから、一度ウケた話や、一度「なるほど」と納得してもらえた話を、しつこくしつこく繰り返す。

 お説教も同じ構造です。「反省しました」「すみませんでした」というリアクションが欲しくて、ネチネチと同じお説教をしてくる。

手持ちの話のストックがないので、同じ話を使い回す。リアクションは欲しいのに、新しい努力はしない。

 たとえるなら、SNSで同じネタを何度も投稿して、「いいね!」を稼ごうとする人、といったところでしょうか。

 ですから、この場合、「すごいですね!」も「反省しました」も、ふてくされた表情も、すべてのリアクションが彼らの思うつぼになります。

「かまってほしい」と願う承認欲求は、誰にでもあるもの。ですが、彼らはあまりに芸がなさ過ぎる、手抜きが過ぎる。これはいけません。

 というわけでなるべくなら、いちばんきつい方法でこらしめたいものです。

 そこで彼らには、「究極のノーリアクション」をお見舞いしましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

事を荒立てずに困った相手を黙らせるには? ”今日から使える”超かんたん会話術!

「言い返す」技術

五百田達成
徳間書店
2019-05-25

この連載について

初回を読む
言い返す」技術

五百田達成

突然キレてくる人。怖いパワハラ。気持ち悪いセクハラ。顔を合わせれば悪口&陰口。 ――あなたのまわりにもいますよね、そんな困った人たち。 事を荒立てたくはないけど、言われっぱなしもイヤ。あっちに「すみません」と反省させ、こっちもスカッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Chuck_euoni 自分も気をつけよう 3ヶ月前 replyretweetfavorite

tsuki_no_tsu おもしろい〜♪適当に相槌していたけどそれが間違いだったのかー( ᐛ )ヘヘ 4ヶ月前 replyretweetfavorite

Hina_M わーこれ無意識のうちにやってたかも。 4ヶ月前 replyretweetfavorite