第2回】「緊張」と「緩和」のメカニズムとは

連載1回目では、ご自身の「お化け屋敷プロデューサー」という職業とその成立の必然性について、でした。第2回となる今回は落語家の桂枝雀氏が「笑いの理論」として展開したと言われる【緊張と緩和の法則】について。五味さんはこの法則理論を用いて、「お化け屋敷とは何か?」を考えていきます。

 お化け屋敷を始めて間もない頃、出口から笑って出てくるお客様を見て、私は演出が足りないのだと思っていた。

 お化け屋敷は、ひたすら怖くて、館内には悲鳴と絶叫が響き渡り、泣き出すお客様が続出する。そういうものが理想のお化け屋敷だと思い込んでいたのだ。実際、そのように考えている人も多いのではないだろうか。

 けれど、それはお化け屋敷とは言えない。もちろん、恐怖を味わってもらうアトラクションという言い方に誤りはない。もっと怖く、さらにもっと怖く、と怖さを追求することにも間違いはない。しかし、それだけでお化け屋敷といえるだろうか。もしそういったものを目指すのなら、もっとほかに方法はある。真夜中にたった一人で山の中の事件のあった廃屋に行けばいい。幽霊が出るという噂の絶えない廃病院で一夜を過ごせばいい。

 それこそ自分が求めている恐怖体験だと言って、出かけていく人もいるだろう。実際、そういった場所は地元の若者の度胸試しに使われていたりする。けれど、仮にそれをお化け屋敷だとして、ひと夏で何万人ものお客様が来てくれるだろうか。もちろん、地の利の悪さという問題もあるだろうが、そのような問題を考慮しても、そこにお客様が訪れるとは思えない。そこには、お客様がお化け屋敷に求める何かが欠けているからである。

 その「何か」とは、一体どんなものだろう。

 それは「楽しさ」なのである。お化け屋敷とは、恐怖を体験して楽しさを得るアトラクションなのだ。

 当たり前じゃないか、と拍子抜けした人もいるかもしれない。けれど、ここで重要なことは、「結果として楽しませる」ということではなく、意識的に「恐怖を使って楽しませる」という点である。無自覚に恐怖を追求すると、誤った道へ進むことになる。

 では、どうしてお客様は外に出た瞬間に笑顔になるのだろうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
お化け屋敷になぜ人は並ぶのか

五味弘文

現在開催中のドラマ×小説×お化け屋敷のメディアミックス企画「ホラープロジェクト<黒い歯>」が多くのメディアで取り上げられ、大きな話題となっています。この中核イベントである東京・名古屋・大阪との三都市同時開催されるお化け屋敷「呪い歯」。...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kadokawaone21 cakes『お化け屋敷になぜ人は並ぶのか』を更新しました。 約5年前 replyretweetfavorite