浜崎あゆみの例の本を読む

今回 武田砂鉄さんが取り上げるのは、先日発売された歌手・浜崎あゆみの告白本。本書から浮かび上がる浜崎が置かれてきた状況について、「ラヴ」ではない文脈から武田さんが読み解きます。

「えっ、ホントにそうだったんだ!」

幻冬舎・見城徹が「何度も胸が詰まり、何度も堪え切れずに泣いた」「歌詞と現実が縒り合わさってこの世あらざるラヴ・ストーリーが展開される」(トークアプリ「755」より)と評した小松成美『M 愛すべき人がいて』を読んだが、こちらの胸が詰まることはなかった。では、自分にとってどういった1冊になったかといえば、これまで抱えてきた、「どうせ、アレでしょ、業界のエラいオトコたちって、クラブのVIPルームで偉そうに踏ん反り返って、たくさんやってくるオンナたちを品定めしたりしてるんでしょ?」という、さすがに雑すぎるイメージが、「えっ、ホントにそうだったんだ!」と定着する1冊になった。

10年ほど前、文芸雑誌の編集者をしていた頃、新人賞の応募原稿を大量に読んでいた。小説の評価基準って箇条書きにできるものではないが、「うひょー、そんなベタな展開ないっしょ!」と思わせる作品はどうしても落としがち。要所で必ず交通事故に遭うとか、思い出の場所にやっぱりアナタも来ていたとか、そういった展開を読むと、感想が「ないっしょ!」と雑になる。実際にあるかどうかを小説の評価基準にしてはいけないはずだが、頭のどこかにやっぱりそれが残ってしまう。クラブのVIPルームにいたエラいオトコに見初められてスターになるベタな小説があれば、そこに向ける評価は「ないっしょ!」になるが、浜崎あゆみが「あるっしょ!」と教えてくれたのである。ベタな展開って、本当にあったからこそベタなのかもしれない、と少しだけ反省する。

インスタントの味噌汁をスーツケースに敷き詰める

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ここでしか書けない」 言葉の在庫を放出した。

往復書簡 無目的な思索の応答

又吉直樹,武田砂鉄
朝日出版社
2019-03-20

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

aatoku "ショックなのは、このように業界の仕組みに翻弄された人の痛みを読んで、「堪え切れずに泣いた」などと「ラヴ」の文脈からしか咀嚼できない権力者が引き続きそびえていること" https://t.co/vUPqMeF312 3ヶ月前 replyretweetfavorite

ghost_inter_net 今日もいい文章だ.... https://t.co/ZdEdTYYOTz 3ヶ月前 replyretweetfavorite

soleilunepleine 面白かった そして何と言うか身に覚、いや身につまされるものがあるな… https://t.co/oLQr1w4HWW 3ヶ月前 replyretweetfavorite

fukadajun NowBrowsing: 3ヶ月前 replyretweetfavorite