名前のかっこいい国を探しに仙台へ行く

予想を裏切る展開と、伏線を見事に回収するエッセイが人気の岡田悠さんに、「旅」をテーマに綴っていただくこの連載。今回、岡田さんが目指すのは、以前から名前のかっこよさで注目していたというエルサルバドル……のサッカー代表がやってくる宮城県!憧れの国に触れるため、着々と準備を進める岡田さんでしたがーー。

名前のかっこいい場所に行きたい。名前がかっこいいとそれだけで旅情が掻き立てられて、旅が楽しくなる気がする。駅名だと「祇園四条」とか「九段下」とかは基本を抑えたかっこよさだし、初めて「天空橋」のアナウンスを聞いたときは思わず電車を降りた。
海外だと名前のかっこよさはさらに重要性を増し、「サマルカンド」とか「エルサレム」とか「カサブランカ」とか、もう身悶えするほど心をくすぐられる。ああかっこいい。実際全部行った。

そんな中、以前から注目していた国名がある。

その名も「エルサルバドル」。

エルサルバドル。バドルを巻き舌で発音したくなる。僕はそういうところに行きたい。


エルサルバドルは中米にある。首都は「サンサルバドル」(外務省HPから作成)

エルサルバドルへは以前から旅行計画を立てていた。しかし問題がある。治安が悪いのだ。ネット上で情報を集めていても、中米でも特に注意が必要な国だと書いてある。長く続いた内戦の影響で武器が広く普及し、犯罪組織が跋扈しているという。
僕は結構いろんな国を旅行しているけど、めちゃくちゃビビりなので少しでも治安の悪い場所には近づかない。なのでエルサルバドル行きには二の足を踏んでいた。

でも気になる。エルサルバドル。行けないならせめて日本でその片鱗に触れられないかと、エルサルバドルゆかりのスポットを探す。ドイツ村やスペイン村みたいに「エルサルバドル村」みたいなものがないかと調べたけれど、やっぱり全然なかった。それどころかエルサルバドルショップもないし、エルサルバドル料理店すら見つからない。なんでだ。エルサルバドルは日本人にとって未開の地なのか?

6月。朗報が舞い込んできた。なんとサッカー日本代表がエルサルバドル代表と対戦するというではないか。エルサルバドルとの試合は、日本サッカー協会の100年近い歴史において史上初めてらしい。この機を逃すと、彼の国に触れるチャンスはもうないかもしれない。
試合は宮城県で行われる。僕はすぐにチケットを手配し、準備を始めた。宮城県でエルサルバドルに触れる旅である。

旅の鍵はエルサルバドルサポーターに会うことだ。エルサルバドルサポーター。早口言葉みたいで素晴らしい。エルサルバドルはかつてサッカーの試合をきっかけに戦争が起きた歴史すらあるというから、サッカー人気は高いはずだ。きっと熱狂的なサポーターたちが大挙して押しかけるに違いない。彼らに会って、僕はエルサルバドルを感じるのだ。


準備1:サポーターが行きそうな場所を調べる

サポーターが来日したとして、彼らはどこに向かうのか。とりあえずエルサルバドルの掲示板をネットで探してみたが、見つからなかった。海外の匿名掲示板である4chやredditも調べてみたけど、エルサルバドルという単語すらヒットしない。ネットの海でさえその空気に触れるのが難しい場所、エルサルバドル。ますます神秘的である。

Googleでは日本にいながら各国からの検索結果を調べることができて、僕はエルサルバドルでそれを試すことにした。ちなみにURLはこれである。エルサルバドルに触れたくなったらいつでも活用してほしい。
「仙台 ゲストハウス」とスペイン語で検索したときに一番上に表示されたゲストハウスは見るからに国際的で、僕がエルサルバドルサポーターだったら間違いなくここに宿泊するだろう。現に空室はわずかしかなくて、僕は迷わずこの宿を予約した。


準備2:エルサルバドル代表をフォローしまくる

選手の行くところにサポーターあり。来日したサッカー選手は試合後なんかにだいたい観光をしたりする。その足取りを追えば、自然とサポーターに会えるかもしれない。宮城県で試合を行うということはきっと仙台には寄るだろうし、商店街で飲み歩いたりするかもしれない。
その行方を追跡するため、僕はエルサルバドル代表の名前を1つ1つSNSで検索し、フォローすることにした。エルサルバドルストーキングである。
検索してみてわかったのは、エルサルバドルではTwitterの人気は低く、InstagramやFacebookの人気が高いことだ。人気の高い「ハイメ・アラス」選手や「ネルソン・ボニージャ」選手はInstagramをやっていて、数万人のフォロワーがいる。僕は彼らを漏れなくフォローした。


準備3:エルサルバドルをアピールする

最後の作戦は、自らエルサルバドルへの関心をアピールすることだ。幸い僕は顔がなんか中米っぽいので、あとは服装だけである。
Amazonや楽天でエルサルバドルグッズを探してみたけれど、案の定全然売っていない。「エルサルバドル」で唯一ヒットしたTシャツを衝動的に買ってみた。

買った後に気づいたけど、これ日本語で書いてあるからエルサルバドル人は読めない。エルサルバドル人に気づかれないと意味がない。
しょうがないので、Tシャツは自作することにした。そのシャツがこれである。

案外悪くないかも。国旗と国名を入れた上で、スペースが余ったので「PUPUSA」という文字を入れた。PUPUSAというのはエルサルバドルで広く親しまれる名物料理らしい。日本でいう「おにぎり」みたいな感じだと思う。僕が日本国旗に「おにぎり」と書いてある外国人を見つけたら間違いなく声をかける。エルサルバドル人もきっとそうであろう。

準備を整えた僕はTシャツを着込み、いざ仙台へ向かう。

一泊二日の仙台ひとり旅。旅のお供はもちろん、エルサルバドルの解説書だ。

エルサルバドルとは救世主という意味で、国名を漢字表記にすると「救世主国」と書くらしい。なんだそれは。漢字までかっこよすぎる。意外にも日本とも繋がりが深く、日本が最初に製造業の投資を行った中南米の国であり、その高い人口密度と乏しい天然資源という特性上、自らを「中米の日本」と名乗ることもあるそうだ。国営放送では「プロジェクトX」が放送され、人気を博しているらしい。ますます親しみが湧いてきた。

仙台に到着したのは土曜日で、そのままスタジアムに向かう。道中でチケットを確認すると、試合は日曜日だと書いてある。普通に日にちを間違えている。突然に旅は2泊に切り替わった。1日暇になったので、仙台をぶらつくことにする。


仙台が誇る飲み屋街、文化横丁

仙台は一人飲みに優しい街だ。試しにTwitterでオススメの飲み屋を聞いてみると、山のように情報をもらった。牛タンに舌鼓をうち、牛タンを噛み締め、牛タンが染み渡る。とにかく牛タンがうまい。舌なのにすごい。「PUPUSA」じゃなくて「GYUTAN」って書けばよかった。

あまたの牛タンを日本酒で流し込んだ飲んだ僕は、ほろ酔い気分で仙台の夜を闊歩する。もちろん自作のTシャツを着て。サポーターに声をかけられないかと期待したが、残念ながらその気配はない。牛タンで膨らんだ腹でエルサルバドルの国旗が横に伸びているせいかもしれない。

ゲストハウスに戻った後も旅人たちと交流したが、エルサルバドル人はおろかサッカーの試合があることを知る人すらほとんどいなかった。試合は明日の夜だし、まだ来日していないのかもしれない。日本で泊まるゲストハウスは英語と酒が飛び交い、安く泊まれ、ちょっとした異国気分が味わえて楽しかった。

仕方ない、エルサルバドルは明日に持ち越しだ。明日こそはスタジアムで、その風を感じよう。ドミトリーの二段ベットに寝転がり、天井を見つめながら憧憬の地を想った。

(後編に続く)

後編「名前のかっこよさに憧れてたどりついた事実」は8/21(水)更新予定。お楽しみに!



岡田悠さんの文章をもっと読みたい方はこちら

この連載について

初回を読む
旅と思えばそれは旅だ

岡田悠

「経済制裁下のイランに行ったら色々すごかった」「近所の寿司屋のクーポンを記録し続けて3年が経った」で話題の岡田悠さんによる書き下ろしエッセイ!この連載では、「旅」をテーマに綴っていただきます。予想を裏切る展開と見事な伏線回収をお楽しみ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chiruko_t 自作Tシャツすごい。  2日前 replyretweetfavorite

YuuuO 「エルサルバドル」って響きめちゃくちゃカッコよくないですか????って理由だけでエルサルバドル人を探しに行きました!!!! https://t.co/uxUyJuNmbe https://t.co/i4a2O5ZY9g 4日前 replyretweetfavorite