やる気のある社員は わずか6パーセント!?

「今いる仲間でうまくいっているときは、チームがアクティブな状態である」と、著者の長尾さんは断言します。では、アクティブな状態のチームとは、いかなるものなのか。チームの発達段階のフレームワークと比べて紹介します。
●話題沸騰『宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話』特別連載。(毎週火・土)

うまくいくチームのアクティブな状態とは

「アクティブ」と聞いて、あなたはどんな状態をイメージしますか?

アクティブという言葉は、「活動的」「能動的」「積極的」などと訳されています。
「アクティブな人」という表現は日常的に使われていますが、文字どおり、活発で自ら行動する意欲のある人物をイメージするのではないかと思います。

では、あなたのチームが「アクティブ」なのは、どんなときでしょう?

僕は、本書のタイトルにもある「今いる仲間でうまくいっている」ときこそが、チームにとってのアクティブであると考えています。
チームは生き生きとしていて躍動感にあふれ、第3ステージの「ノーミング」の段階です。

『宇宙兄弟』で月面ミッションに挑んでいるチーム「ジョーカーズ」は、まさにアクティブな状態ですね。
メンバーの誰1人として、「やれと言われればやります」といったスタンスではなく、キャプテンのエディを中心として、それぞれが自分の役割を積極的に果たそうとしています。

一方で、アクティブとは反対の意味を持つ「パッシブ」は、「受動的」「消極的」などと訳されています。
「パッシブなチーム」という言葉から、どのようイメージが浮かぶでしょうか。

おそらく、「今いる仲間でうまくいっていない」状態ですよね……。
「ジョーカーズ」にも、かつてパッシブな状態はありました。
チームが編成され、アリゾナ州のキャンプ地で訓練を受けていたころ、メンバーは「やれと言われればやります」どころが、言われたことですら、きちんとやらないほどの有様でした。 さて、ここで「チームの発達段階」を思い出してみましょう。

「ジョーカーズ」の結成時のように、第1ステージの「フォーミング」は、チームもパッシブな状態なのです。 メンバーは不安や緊張、他者への依存度が高いので、当然受け身になっています。
やがて「フォーミング」から発達し、「ストーミング」を経て「ノーミング」に向かうにつれ、アクティブな状態へと変わっていきます。
「チームの発達段階」とアクティブ・パッシブな状態とは、相関関係にあると言えるでしょう。

では、何がチームをアクティブにしていくのでしょうか。
それでは、さっそく「今いる仲間でうまくいく」ための心がまえを紐解いていきましょう。

やる気のある社員は わずか6パーセント!?

「チームがアクティブになるには?」を考える前に、1つ興味深いデータをご紹介したいと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載は、下記の本の内容を元に、cakes用に再構成したものです

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話

長尾彰 /小山宙哉

『宇宙兄弟』のムッタやヒビト、チーム「ジョーカーズ」の成長ストーリーなどを分析し、自分の得意なスタイルで、今いる仲間をリードする方法を解説する「#宇宙兄弟チーム本」の特別連載。 (毎週土・火 公開予定)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

masanobu_okada あとで読む。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite