うまくいくチームには、「本音」で話せる関係がある

チームの発達段階の第1ステージから2ステージ「ストーミング」になると、バラバラだったメンバーのエネルギーがチームに向かうようになります。個人が本音で話せるようになる半面、チームで成果を出すといった面のパフォーマンスは一時的に低下します。うまくいっているようで、うまくいっていない? そんな試行錯誤期について解説していきましょう。
●話題沸騰『宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話』特別連載。(毎週火・土)

第2ステージ ストーミング【試行錯誤期】とは?

「フォーミング」のチームが、コミュニケーションの「量」を積み重ねていくと、やがて第2ステージの「ストーミング」の状態へと変化します。
あっさり書いてはいますが、じつはこの「コミュニケーションの量の壁」を乗り越えられないまま、「フォーミング」に留まり続けるチームも数多く存在します。お互いが遠慮したまま、与えられたルールの中で与えられた目標に向かい、ある程度の成果を出す—。

僕は仕事柄、多種多様な組織を観察することが多いのですが、感覚として世の中の組織の7割くらいは「フォーミング」の状態なまま。「ストーミング」の状態に発達できる組織は2割くらい。
「ノーミング」「トランスフォーミング」の組織は1割程度だと捉えています。ということは、「ストーミング」に進むチームは、それだけでも素晴らしいと言えるでしょう。

さて、「ストーミング」に突入すると、「フォーミング」の状態では見ている方向がバラバラだったメンバーのエネルギーが、チームのメンバーに向かいます。
「フォーミング」では建前の多かった意見も、徐々に本音をメンバーにぶつけるようになることもあります。
たとえば「私は本当はこれはやりたくなかった」「じつは今まで黙っていたけど、こんなやり方がある」「正直言って今の状態はダメだと思う」などでしょうか。

チームとしての試行錯誤を通じて、メンバー間に意見の対立や衝突が発生しますが、これは、感情のままにぶつかりお互いに消耗し合うというよりも、心理的安全性が確保されようやく本音を伝えられる安心・安全な環境が生まれてきているということ。
第2ステージの「試行錯誤期」という言葉には、こうした意味合いが含まれています。また、「ストーミング」のチームには次のような特徴があります。

・メンバーに独立心が芽生え、「私だったらこうするのに」「私はこう思う」という意見やアイデアが出てくる。
・各メンバーの考えや個性の相互理解が進む。
・個人が本音を主張することで、考え方や行動への対立や衝突が生まれる。
・メンバーのエネルギーはチーム内部に向けられる。序列や力関係、役割、機能などが表面化してくる(成果を出すという意味でのパフォーマンスは低下する)。
・影響力の大きい人物(強権的・独裁的ではなくメンバーの共感を得る人)が、チームの中心人物として自然発生的に現れる。
・ビジョンはまだ曖昧で、共有されるまでには至っていない。
・第3ステージ「ノーミング」へと成長するためには、コミュニケーションの「質」が重要となる。

こうした傾向を見てみると、何やらチームが迷走しているように感じられるかもしれません。
しかし、チームの成長という視点では、けっしてネガティブなことではありません。メンバーが本音で話し、お互いを認め合い、それぞれの個性や自分の役割を理解するためには避けて通ることのできない、とても重要なステージです。
「フォーミング」ではコミュニケーションの「量」が求められたのに対し、「ストーミング」では「質」が求められるというのも、対立や衝突を経てより深い信頼関係を築くためのステップだと言えるでしょう。

ちなみに「チームの発達段階」の図では、この第2ステージ「ストーミング」までの組織の状態を、「グループ」と称しています。
これはチームの内面性を表していて、組織がまだ個人の集まりであり、未発達であることを意味しています。言い換えるなら、第2ステージまでは「チーム」になるための「チームメイキング」の段階なのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載は、下記の本の内容を元に、cakes用に再構成したものです

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話

長尾彰 /小山宙哉

『宇宙兄弟』のムッタやヒビト、チーム「ジョーカーズ」の成長ストーリーなどを分析し、自分の得意なスタイルで、今いる仲間をリードする方法を解説する「#宇宙兄弟チーム本」の特別連載。 (毎週土・火 公開予定)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません