第5章表面的か、実質的か|​2ナチスの制服を「カッコいい」と言って良いのか?

ナチスの制服は、もしそれがナチスという存在とまったく無関係であったならば、確かに「カッコいい」と見做されてしまうかもしれない。その上で、問題は、そう言って良いのか、ということであるーー。平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは、「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日毎日更新)


2 ナチスの制服を「カッコいい」と言って良いのか?


ナチスの制服を着る意味

 このデザインの外観と実質との乖離に関して、今日でもしばしば問題となるのは、ナチスの制服である。

 ナチスの制服を着用することは、ドイツでは刑法第一三〇条「民衆煽動罪」で禁止されており、ドイツ国外でも、一般常識として厳しく批判される。

 ところが、現代でも、ナチスの制服やそのシンボルを身につけることによる炎上事件は後を絶たない。近いところでは欅坂46が二〇一六年一〇月二二日のコンサートでナチスの制服と酷似した舞台衣装をまとい、世界的な批判に曝され、アメリカのユダヤ系人権団体「サイモン・ヴィーゼンタール・センター」が謝罪を求める声明を出すに至った。

 これは、戦後、七十年以上が経ち、歴史が風化した今だからこそ起きた嘆かわしい事件というわけではない。この間ずっと、映画や音楽、文学、オモチャ、アニメに漫画と、日本の文化がいかにナチズムを消費してきたかは、『ヒトラーの呪縛──日本ナチカル研究序説』(佐藤卓己編著)に詳しい。佐藤はそれを「ナチカル」と読んでいるが、同書中には、ナチスの軍服を映画で見ると、「それだけで胸がときめいた」という、某大物女優の「大きな声じゃ言えないけど」といった証言も収録されている。

 一般的に、今日、ナチスの制服を着ることの意味は、次のように分類されるだろう。

 ①ネオナチなど、思想的にナチスに傾倒している。

 ②ナチスに共感しているわけではないが、制服その他、そのファッションは「カッコいい」と思っている。

 ③ナチスへの賛否はともかく、ナチスは怪しからん、という一般常識に逆らうことが、「カッコいい」と思っている(一種の反体制)。

 ④ナチスのことなどよく知らず、ただ「カッコいい」洋服を着ていたら、それが実はナチスの制服だった。

 ①は、根本的な問題だが、「カッコいい」を巡る議論からは一旦、外しておきたい。

 ④は、無知故ということで、教育されればビックリして反省するのかもしれない。③はナチスである必然性はないが、例えばカンボジアのポルポト派のコスチュームを着ることが社会問題化することはないので、やはりナチス自体に何らかの禍々しい、危険な〝魅力〟を感じているのかもしれない。

 ここで、今議論したいのは②である。

 ナチスの制服は、もしそれがナチスという存在とまったく無関係であったならば、確かに「カッコいい」と見做されてしまうかもしれない。その上で、問題は、そう言って良いのか、ということである。


レミー・キルミスターの場合

 モーターヘッドというロック・バンドを率い、カリスマ的な人気を誇ったレミー・キルミスターは、所謂〝ミリタリーオタク〟で、そのコレクションは、ダマスカスやトレドの古い刀剣からフリーメイソンの剣といった骨董の類い、戦車の模型や制服、更に勲章その他の小物に至るまで幅広い。「装飾やデザインが気に入って集め始めた」そうだが、その中には、ナチス関連のものも数多く含まれている。

『極悪レミー』という彼のドキュメンタリー映画の中では、実際に、ナチスの制服を自由に着崩して身にまとった彼が、ミリオタ仲間と戦車で遊んだあと、「ナチスに傾倒していると観客に誤解されたら?」と質問される場面がある。レミーは、こう答えている。

「黒人の恋人が六人いた俺は、ナチスなら不出来な党員だな。彼女といるのを見つかれば、仲間からつるし上げだ。軍服を着て楽しんでいるだけで、誰にも迷惑をかけちゃいない。ここ(アメリカ)は自由の国だろ? カッコよけりゃイスラエル軍の軍服でもいいんだ。要は好みの問題だ。ナチスに傾倒してるだと? 見当違いも甚しい。」

 実際に、モーターヘッドの音楽がナチスを賛美しているわけではなく、歌詞に、人種差別やホロコースト否定論が含まれているわけでもない。ナチスにははっきりと否定的だが、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
カッコいい」とは何か

平野啓一郎

『マチネの終わりに』『ある男』を発表してきた平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

suerene1 ヒューゴ・ボスがナチスの制服をデザインしたり、ナチ協力者(社?)だったというのは、全く知らなかった。#「カッコいい」とは何か https://t.co/3vS5QjB3E2 3ヶ月前 replyretweetfavorite

utakyoko おもちろ〜い。ヒューゴ・ボス…そうだったのか、知らなかった。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

sabochin_d わたしの読解能力が低いせいで若干読みづらかったんだけど読む価値はあるとおもう 3ヶ月前 replyretweetfavorite