計画通りにいかないときは、「なぜ、やるのか(WHY)」に立ち返る

前回、紹介した「フォーミング」でやっておきたい3つのポイントを、詳しく説明していきます。チームで目標を達成するには「目標」のほかに、「目的」「指標・原則」を伝えることが大切です。3つのうち、どれか1つでも欠けているとチームは機能しません。
●『宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話』特別連載。(毎週火・土)

ポイント1
目的を「映像」で伝える

「目的」とは、「私たちは、何のためにこれをやるか」という「WHY」の部分です。
「映像」と表現した理由は、「映像が伴うと言葉のみで伝えるよりも全体像を認識しやすい」からです。

特に「ワクワク」「ドキドキ」「〇〇感」といった感情は言語化しづらく、言葉で伝えようとすると、どうしても表現に限界があります。ポジティブな感情1つとっても、そこから浮かぶイメージは人それぞれで、「お客様を笑顔にする」という言葉から、お笑いライブを見ているような爆笑を浮かべる人もいれば、デート中の穏やかな笑顔を浮かべる人もいるでしょう。

でも映像ならば、「どんなワクワクなのか」「どんな笑顔なのか」といった細かなニュアンスを伝えることができるうえに、自分の持っているイメージと相手の持っているイメージの違いをすり合わせることもできます。

企業のブランディングCMもこれに近い考え方ですが、必ずしも動画である必要はありません。視覚情報として伝えられるなら、写真でもイラストでもOKだと思います。

ちなみに僕がファシリテーターとして関わっているシューズミニッシュ社では、自社の理念や中期経営計画を、社員や取引先、顧客に演劇で伝えました。事業計画を自分たちで考え、社長が自ら脚本・台本を書き、それを演じるのも社員です。僕は、活字でまとめられた書類の何倍も、彼らの熱いメッセージが伝わったと思っています。

目的を映像で伝えるためには、まず伝える側に「見えているもの」がないと、視覚化できません。そのため、自分自身がしっかりと「WHY」を理解できているか、ということへの確認にもつながります。

ポイント2 
目標を「数値」で伝える

目標を「数値」で伝えることで、「ここに達したらゴールですよ」という地点を明確にし、「ここまでやったら終わり」を伝えやすくなります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載は、下記の本の内容を元に、cakes用に再構成したものです

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話

長尾彰 /小山宙哉

『宇宙兄弟』のムッタやヒビト、チーム「ジョーカーズ」の成長ストーリーなどを分析し、自分の得意なスタイルで、今いる仲間をリードする方法を解説する「#宇宙兄弟チーム本」の特別連載。 (毎週土・火 公開予定)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません