宇宙兄弟』で「引っ張る」リーダーの適正があるキャラは誰?

前回の「押す」タイプのリーダーに続いて、「引っ張る」リードが得意な「ティーチャー型」と「コンサルタント型」を紹介していきましょう。『宇宙兄弟』の六太と日々人を温かく見守り、彼らが悩んでいるときには的確なアドバイスをする金子シャロンは、まさに「ティーチャー」型タイプです。ほかにも、ビンスやケンジなど、人気キャラクター紹介と合わせてお楽しみください!
●話題の本『宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話』特別連載。(毎週火・土)

ティーチャー型(プロセス志向×引っ張る)

教師のように、「諭す/教える/伝える」といったアプローチでリードすることが得意なスタイルです。

成果よりもプロセスを大切にしますが、ファシリテーター型が相手の中にあるものを引き出そうとするのに対し、ティーチャー型は自分が前に立ち、論理的に説明したうえで、「でも、実際にやるのはあなたたちですよ」と、間接的に引っ張っていきます。

物事を観察する、異なる意見をまとめるといったことも得意なので、ムードメーカーになったり、チーム内の緩衝材的な役割を果たしたりすることもあります。

【宇宙兄弟に見る、 ティーチャー型タイプは?】

【福田直人】
六太や真壁ケンジ、せりかと一緒に、宇宙飛行士の選抜試験を受けた福田。残念ながら最終選考に残ることはできませんでしたが、その後、民間のロケット開発会社に就職し、再び宇宙への夢を追いかけています。

福田は、六太たちと共に宇宙飛行士を目指していたころは比較的「押す」寄りのスタイルだったので、ファシリテーター型に近かったと思います。民間のロケット開発会社に就職し、初の民間企業による有人ロケットの打ち上げに意欲を燃やすようになったことで「引っ張る」寄りのリーダーシップを発揮するようになり、ティーチャー型のリーダーとして活躍します。

新たな目標を持ち、「引っ張る」スタイルが必要とされるポジションに就いた福田。もともと得意だった「押す」と「引っ張る」の両方を使いこなすバランスのよさを身につけました。(22巻#213)

自分が夢中になれる目標を再び見つけたことや、六太たちが宇宙で活躍していることが力となり、会社の仲間たちを引っ張っているのではないでしょうか。
このように、同じ人でも目標や環境によってリーダーのスタイルが変わっていくパターンもあります。

【金子シャロン】
六太や日々人が幼いころから慕っている天文学者のシャロンも、ティーチャー型のリーダーのスタイルを発揮している1人です。

「迷ったときは、どっちが正しいかなんて考えちゃダメ。どっちが楽しいかで決めなさい」
「あなたにはお兄ちゃんを引っ張っていく力がある。もしもあなたが止まってしまったら、そのときはきっと、うしろから六太があなたの背中を押してくれる」

数々の深い言葉を、2人の心に刻んできたシャロン。
常に六太と日々人を温かく見守り、彼らが悩んでいるときには的確なアドバイスをし、自らの力で一歩前へと踏み出せるようリードしています。

その人が必要なことを、その人が必要なときに、その人がベストなタイミングで伝えることができるのがティーチャー型の魅力。六太や日々人にとって、シャロンはまさにそんな存在。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載は、下記の本の内容を元に、cakes用に再構成したものです

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話

長尾彰 /小山宙哉

『宇宙兄弟』のムッタやヒビト、チーム「ジョーカーズ」の成長ストーリーなどを分析し、自分の得意なスタイルで、今いる仲間をリードする方法を解説する「#宇宙兄弟チーム本」の特別連載。 (毎週土・火 公開予定)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません