処女なのに経験豊富!極めた前戯で男をイカせ続ける大学生・Yちゃん

日本初の「猥談バー」を手がける佐伯ポインティさんに、今週のちょっとエロい話をご紹介いただくこの連載。今回は、処女であるにもかかわらず、前戯を極めた大学生・Yちゃんのお話です。Yちゃんはどうやって技を磨いていったのでしょうか?

「私、処女なのにフェラを極めすぎて『5年くらい拍手できる』って褒められたんです」

猥談ポストに着弾した大学生の告白…き、気になる〜!

ということで、なぜか前戯をめちゃくちゃ磨いたYちゃんに取材してきました!


イラスト : 小鈴キリカ

マッサージ屋でフェラの「師匠」に出会う

—フェラを極めるようになったきっかけ、気になりすぎる!

Y「私、学生時代なにも恋愛とかなくて。大学入って最初の男性との出会いはマッチングアプリでした。なんとなくチャットが続いていた人と、好奇心から連絡先を交換しました」

—良い人いないときはマッチングアプリだよね〜!

Y「男女の関係のデートとかもしたことなくて、どんな感じかなって。でも結局好きになれなくて、ふとした仕草がめちゃめちゃキモいなって…

—急にめちゃくちゃ冷静でワロタ

Y「家に彼を呼んだ時に彼があぐらをかいていて。その片足が貧乏ゆすりみたいに揺れててめっちゃキモいな!って」

—ガチで嫌だったんだね〜

Y「性的なことも試してみたんですけど、挿れようとしても入らなくて。嫌だな、ってより痛えなって感じでしたね。その後何やかんやあってブロックしちゃって終わりました!」

—嫌になったら終わりだよね〜!

Y「その反動もあって、バイト先のマッサージ屋のお客さんに一目惚れして本当に普通の健全なマッサージ店なんですけど、そのお客さんのフェロモンがすごくて、私がもうヤりたい!って感じでした」

—フェロモン!!

Y「他の人にバレるのもまずいので、帰り際に紙で連絡先をさっと渡して」

—クーポンかな?って思うじゃん。結構大胆だね。

Y「大胆だったかもですね。そこから会うまで時間は空いたんですけど、連絡を取るうちに家にマッサージしに行く流れになりまして

—世界に実在したんだ、家にマッサージしに行く流れ!?

Y「最初はエロ目的ではなかったんですけど、何度か通ううちに一緒に寝るようになって、エロい雰囲気になって…そこで初めてイラマチオしました」

—結局エロい雰囲気〜!てか初めてがイラマスタート!?

Y「そうなんですよ!さすがに処女はもらえないよ〜っていうことで、フェラとイラマチオだけが何度か…」

—Yちゃん的には彼と初セックスでも良かったんだ?

Y「いや、まだ心の準備ができてなかったですね。その人とはセックスもしないしフレンドでも無いみたいな距離感が続いてました。たまに会ってフェラをするっていう関係でしたね」

—セックスでもフレンドでもなかったら「無」じゃん!

「5年くらい拍手できる」フェラテクの覚醒

Y「マッサージ屋の人にフェラチオを教えてもらってから、フェラに興味が芽生えまして、もっと上手くやってみたい!と思ったんです。どうせなら極めてみたいなと思って」

—極めてみたい!好奇心旺盛だね〜〜!

Y「好奇心旺盛ではありますね。その後はマッサージ屋の別の常連さんと仲良くなりまして、その人と一緒に寝たときに『私、処女で経験無いけど知識だけあるんだよね』って言ったら『試してみる?』ってなって」

—マッサージ屋の人と寝まくってるじゃん!そして堂々宣言ワロタ!

Y「私できます!とかでは無いですよ! AV男優さんが気持ちいいキスの仕方をツイートしてて見てるんだけどさ〜〜みたいな」

—スムーズな導入〜!

Y「最初はキスからで、相手はアラサーくらいで経験も豊富だったので、こんな小娘がちょっと仕入れた知識でうまくいくはずないか…と思ってたんですけど、効果抜群で!」

—どうなったの!?

Y「キスで喘ぎだしたんです!めっちゃ効いてる!ってなって。はい終わり、こんな感じ〜って突き放したんですけど、物足りなさそうで『他にはないの?』って」

—絵本の読み聞かせかな???

Y「そこで、私フェラができるよって言って。いざ試したら喘ぐ喘ぐ。こんな喘ぐの?みたいな。枕で顔隠して吐息が止まらないって感じでした」

—恥ずかしがりの人がイく時じゃん!

Y「こんなに効くんだ!って感動しました。イった後に『まじで処女なの?5年くらい拍手できる』って褒められましたね。」

—カンヌ映画でもそんな拍手されない(笑)

Y「そうです。そこで本格的にフェラって面白い!!ってなりました。今までは少し屈辱的な行為だと思ってたのが、めちゃめちゃ喘ぐ彼をみて、主導権握れるかもしれないなって思ったんです」

—オリジンだ!才能開花するときのやつ〜!

Y「その次に出会ったのは、ジャズ音楽家の方でした。 海外でしか手に入らない香水をその方が持っていて、軽く誘われたんです。だから私も『処女なので最後までできないけど』ってお伝えしてラブホに行って」

—海外の香水で!?昔の行商のエピソードじゃん

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
佐伯ポインティの今週のちょっとエロい話

佐伯ポインティ

「エロデューサー」という肩書きで、猥談メルマガ、出張猥談師、猥談オークションなど、性愛にまつわるユニークな活動している佐伯ポインティさん。そんな彼のもとには、ときに笑えて、ときに切なく、ときに不思議な猥談が多数集まってくるのだそう。佐...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yvy__c Yちゃんの 「こうかは ばつぐんだ! 〜口淫について〜」|Yちゃん|note(ノート) https://t.co/mYVBGAwjly https://t.co/k21v9tG95Zこちらの記事と合わせてお楽しみいただければ幸い… https://t.co/M2xaImO8SE 4ヶ月前 replyretweetfavorite

yvy__c Yちゃんの 「こうかは ばつぐんだ! 〜口淫について〜」|Yちゃん|note(ノート) https://t.co/mYVBGAwjly https://t.co/LORHAh8tTDこちらの記事と合わせてお楽しみいただければ幸い… https://t.co/abzsPhSP3y 4ヶ月前 replyretweetfavorite

aitanmemo >「(キスして)はい終わり、こんな感じ〜って突き放したんですけど、物足りなさそうで『他にはないの?』って」 >ーー絵本の読み聞かせかな??? この合いの手に笑ったわ😂 https://t.co/ak2mirV9gA 4ヶ月前 replyretweetfavorite

3839Ay 爆笑させていただきました👏👏👏👏👏 4ヶ月前 replyretweetfavorite