種とワタを生かして甘みととろみを出す! カボチャの煮物

今日のテーマは『カボチャの煮物』。カボチャの質は昔とだいぶ変わっており、現代的に仕立てた新しいレシピをご紹介します。紹介するのは『カボチャの塩煮』と『カボチャの田舎煮』の2つです。

カボチャの煮物は定番の料理。根強い人気がありますが、なかには甘すぎるので好きではないという方も。その意見にも一理あるな、と思うのは、レシピがアップデートされていないから。なにせカボチャ自体が昔と比べると相当に甘くなっているのです。

昔、カボチャの煮物に使われていたのは水分が多く、糖度が低い日本カボチャ。しかし、今の時代スーパーに並んでいるのはほぼすべてが糖度が高く、ホクホクした食感が特徴の西洋カボチャです。昔と同じ配合で今のカボチャを煮ると甘すぎることがあるのは、そのためです。

そこで今回はアップデートしたカボチャの煮物のレシピを2種類ご紹介します。どちらもポイントはワタと種を活用することです。1つ目は『カボチャの塩煮』。調味料を絞ることで今のカボチャの持ち味を生かします。


カボチャの塩煮

材料

カボチャ…300g〜350g(1/4個=500gから種とワタ、皮を取り除くとだいたいこれくらいになります)
塩…2.4g
酒…75cc
水…125cc


1.カボチャは種とワタをスプーンなどでとる。ワタは捨てずにとっておきましょう。


2.カボチャを4〜5cmに切り分ける。(Tips 1 カボチャの切り方)


3.皮を切り落とす。(硬い皮を切り落とすことで煮崩れも防げます)


4.皮があった部分を下にして鍋に並べ、塩2.4g、酒75cc、水125cc、最初にとった種とワタを入れる。(Tips 2 種とワタを生かして甘みととろみを出す)


5.クッキングシートなどを落し蓋にして強火にかける。沸騰したら弱火に落として、20分間煮る。


6.20分経ったらクッキングシートを外して、様子を確認する。串が刺さればでき上がり。種は硬くて食べられないので、盛り付ける時は入れない。


★レシピの解説

【Tips 1】カボチャの切り方
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載やnoteの記事をベースに、書き下ろしレシピも加えた『新しい料理の教科書』が好評発売中です!

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

koboku_gurume 美味そう。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

yurimomonomomo やってみた! 4ヶ月前 replyretweetfavorite

sadaaki かぼちゃ煮るときに 4ヶ月前 replyretweetfavorite

kyu_22 こんなレシピ知らなかった…!砂糖なしでも、じゅうぶん甘いとな。 4ヶ月前 replyretweetfavorite