ラグビーW杯】お互いがお互いを知る—最強チームの「常勝」マインドセット

元ラガーマンのビジネスコンサルタント、今泉 清氏(元・早稲田大学ラグビー選手/ニュージーランドへのラグビー留学経験あり)が世界最強チーム、オールブラックスの秘密に迫る。最終回の今回は、オールブラックスのマインドセットに迫る。

「オールブラックスとは何か」 スランプ時、絶対王者が自らに問いかけたこと

オールブラックスの高きプライド、その象徴とも言えるのが、試合前に彼らがおこなう儀式「ハカ」である。「カ・マテ カ・オラ(私は死ぬ 私は生きる)」を朗々と歌いあげながら、独特のリズムで地を踏みしめ、体を叩き、目を見開いて舌を出す。試合前に士気を高め、対戦相手に闘志をむき出しにする。圧倒的な迫力である。ラグビーを知らなくても、このハカだけは見たことがあるという人も多いのではないだろうか。

今ではオールブラックスだけではなく、野球やアイスホッケー、バスケットボールなど、ニュージーランド代表の多くのスポーツで見ることができる。ハカの歴史は古く、オールブラックスがこの儀式を初めて試合前におこなったのは、1905年からである。もともとはマオリが戦いの前に、自分たちの結束を相手に誇示するため伝統的に舞っていたものだ。案外知られていないかもしれないが、実は威嚇だけでなく、相手チームに敬意を表する意味もある。

皆さんは、この儀式はオールブラックスの「復活」の象徴でもあるということをご存じだろうか。2004年ごろのことだ。オールブラックスが低迷期に入ったことがある。名ヘッドコーチとして名を馳せたグラハム・ヘンリーの指導も奏功せず、同チー ムは南半球の強豪国代表チームが集うトライネイションズで四戦二勝二敗の成績。ショックなことに最下位という結果に終わり、予期せぬスランプに陥っていた。チーム全体が自信を失い、選手やスタッフのモチベーションも低く、普段ならあり得ないネガティブな言葉さえ飛び交っていたという。

トライネイションズのツアーから帰国したグラハム・ヘンリーは、ウェリントンにあるニュージーランド・ラグビー協会の部屋にこもりきっていた。ラグビー協会の関係者との話し合いが延々と続けられていたためだ。話の内容は、今後どのようにオールブラックスを立て直していくかであった。このとき真剣に議論されたのが、この問いであった。

「オールブラックスとは何か」

ハカの儀式に込められたマインドセット

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本連載をまとめた書籍はこちら。 ラグビー元日本代表・今泉 清が、世界最強「オールブラックス」の強さの秘密を明かす。

この連載について

初回を読む
オールブラックス 圧倒的勝利のマインドセット

今泉 清

団体スポーツ競技において、世界で最も高い勝率(75%以上!)を誇るラグビーのニュージーランド代表「オールブラックス」。彼らはいったいなぜ、これほどまでに強いのか? その秘密は、彼ら独自の「勝てるチームづくり」にある。ビジネスにもスポー...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

megamurara 「お前たちならできる!」→そういうことだったのか! 約1年前 replyretweetfavorite

asyara28 森元総理のコメントも有って、SNS上では何時もに増して、国旗国歌の日の丸と君が代に対するスポーツ選手の事が話題に上がっている。私も、森元総理の発言と同様の思いがあるが、無理矢理君が代を歌わせるだけでは駄目... #NewsPicks https://t.co/nOhU85WcCu 約1年前 replyretweetfavorite

shigekey "オールブラックス。 ニュージーランド国内の各プロチームから抜擢された超一流選手が、「試合で戦って勝利する」という目的だけに集まる集団である。 漆黒のジャージーを着ているときだけ、彼らは 約1年前 replyretweetfavorite

guriswest いかん。お昼休みなのに。会社で泣くなんて😿 約1年前 replyretweetfavorite