HSC子育てアドバイス(9)言葉が出にくい

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCの子を育てる親向けに、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本』をcakesで特別連載!(毎週木曜更新)

子どもの変化を観察してあげて

「敏感な男児の母です。5歳になるのですが、言いたいことがあるときに、なかなか言葉が出てきません。顔をしかめて、うなって訴えるだけ。『ん~、ん~、だけじゃわからな いから、しゃべって伝えてよ』と言っても、不機嫌そうにうなるだけ。ふだんから言葉は 少ないほうですが、普通に意思の疎通はできます。これってただ甘えているだけじゃない のかな、優しい顔で何でもやってあげたら、この子自身のためにならないのでは? と思うのですが」

 言葉が出てきにくいのには、いろいろ種類があります。
 たくさん頭の中にイメージが湧きすぎて、なんといって言葉にしたらいいのかわからな いということもあります。パニックになり頭の中が過剰に働きすぎて、かえって機能が落ちることもあります。
 まったく感情やイメージが湧かない、何も出てこなくて言えないということもあります。
 言うのが怖くて止まってしまうということもあります。
 もうひとつ、スロープロセッシング(情報処理が遅い)という症状もあります。自閉ス ペクトラム症的な症状で、聞かれてもすぐには答えが出ず、後になってからその意味が了 解されて答えられるのです。
 この子の場合、ふだんは言葉が出ているようなので、「伝えたいことがあるけれど、言 うのが怖くて止まってしまう」パターンではないかと考えられます。敏感な子の中には、 お母さんがイライラしている、怒っているみたいだというのを感じとるだけで、舌や表情 がこわばり、言葉が出てこなくなる子がいます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

子どもの敏感気質(HSC)の入門書。好評発売中!

この連載について

初回を読む
子どもの敏感さに困ったら

長沼 睦雄

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCを育てる親に向けて、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kohamakaori 私、言いたいこと言えない子供だったのよねぇ。 3ヶ月前 replyretweetfavorite