​感情をお金で表現する

料理人が何より聞きたいのが「美味しい」の言葉。美味しい料理を食べたらぜひ伝えてほしいとbar bsossa店主・林伸次さんは言います。そして、「美味しい」を伝えられるのは言葉だけではありません。アメリカなどで一般的な、チップ文化について考えます。

料理が美味しかったらお店の人に「美味しかった」と伝えてほしい

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

昔、ブラジル人の友人と妻と3人で、和食店で食事をしたときのこと。当時僕が働いてたバーの姉妹店だったのですが、友人が料理の美味しさに感動してしまって、帰るとき僕に「厨房に案内してくれ」と言ってきました。彼は厨房に入ると、料理人達に「今日の料理は本当に美味しかった。みんな世界最高の料理人だ!」みたいなことを告げたんです。

実際その店はすごく流行っていて、美味しいと評判だったのですが、後になって料理人の人達に「ああやって面と向かって言われると、すごく嬉しいものだね」って何度も言われました。

いやほんと、飲食店をやっていて何が嬉しいって「美味しい!」のひとことなんです。もしこれを読んでいるあなたが、「美味しい」と感じたら、ぜひ、料理人やサーブしているスタッフにそのまま告げてみてください。本当に喜びますから。

もちろん、直接的な表現は恥ずかしいという場合は、SNSとかでも「美味しかった」って投稿してもらえるとすごく嬉しいです。「あ、こういう年齢のこういう人たちは、この料理を美味しいって感じてくれるんだ。じゃあ今度はこういうのを提供してみようかな」っていう料理人の意欲を刺激してくれます。

僕、飲食業界で26年働いているのですが、料理人って基本的にアーティスト気質の人がすごく多いんです。実際、ミュージシャンになりたくてバイトで飲食店の厨房で働いていたのだけど、料理が面白くなってしまってそのままのめり込んでシェフになってしまったって感じの人もすごく多いです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mrnobody_masumi いい記事◎ わたしもnoteで有料記事を書くようになって、購入して読んでくださって更に褒めてもらえたりして(中にはサポートも!)、本当に嬉く感謝の気持ちでいっぱいです。 やっぱ地星座だな…笑 https://t.co/luynEgysIJ 4ヶ月前 replyretweetfavorite

tezu33 身近なところですき家のネギ玉牛丼が旨いので感謝を伝えたい。思わずうまーって声に出しちゃってる時あるわ / 感情をお金で表現する|林伸次 @bar_bossa | 4ヶ月前 replyretweetfavorite

fantassuteccu 感情をお金で表現する|林伸次 @bar_bossa | 4ヶ月前 replyretweetfavorite

littlemy1130 感情をお金で表現する|林伸次 @bar_bossa | 4ヶ月前 replyretweetfavorite