汚れは酸性? アルカリ性?

約20年前に日本で初めて紹介され、「環境に優しいエコなお掃除方法」として一大ブームとなったナチュラルクリーニング。その火付け役である佐光紀子さんの最新刊『ナチュラルクリーニングの最強レシピ』より、基本のキから最新テクまで、ナチュクリ情報をわかりやすくご紹介! この夏、お掃除上手になれること間違いなしです。

「汚れを中和させる」がナチュラルクリーニングの基本
家の中の汚れの多くは、酸性かアルカリ性のいずれかですが、多いのは油汚れに代表される酸性の汚れです。酸性の汚れにはアルカリ性のクリーナーを、アルカリ性の汚れには酸性のクリーナーを使います。「汚れと正反対の性質をもつクリーナーを使う」=「汚れを中和させる」ということなのです。 酸性の汚れを落とすのはアルカリ性の過炭酸ナトリウムと重曹、アルカリ性の汚れを落とすのは酸性のクエン酸、使用するのはこの3つ。これだけで、さまざまな汚れに対応できます。汚れの種類がわかれば、いくつも洗剤をそろえなくても、家じゅう安心してお掃除ができるというわけです。

汚れは酸性?アルカリ性?
<酸性の汚れ>
油汚れ、油を含んだホコリ、手あか、足あか、皮脂汚れ、湯あか、
嘔吐物、嘔吐物のニオイ、体臭、足のニオイ  など

キッチンの油汚れや体から出る汚れなど、家の中の汚れの大半は酸性です。また、嘔吐物も胃酸だからこれも酸性。これらはアルカリ性のクリーナー(過炭酸ナトリウムor重曹)でスッキリさせましょう。

<アルカリ性の汚れ>
水あか、石けんかす、尿のニオイ、ポットのこびりつき、ヤニ、タバコ  など

水回りの白っぽい汚れの多くは水あかで、アルカリ性。これらアルカリ汚れは少しずつたまり、ガンコにこびりついてしまいがちですが、酸性のクリーナー(クエン酸)を使ったちょこちょこケアでキレイをキープできます。

過炭酸ナトリウム、重曹、クエン酸。それぞれの得意分野を知ろう。
基本アイテムは過炭酸ナトリウムと重曹、そしてクエン酸の3つ。
まずは、
・こするのに便利な重曹
・つけ置きに便利な過炭酸ナトリウムとクエン酸
と覚えておくとよいでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ナチュラルクリーニングの最強レシピ

佐光紀子

約20年前に日本で初めて紹介され、「環境に優しいエコなお掃除方法」として一大ブームとなったナチュラルクリーニング。その火付け役である佐光紀子さんの最新刊『ナチュラルクリーニングの最強レシピ』より、基本のキから最新テクまで、ナチュクリ情...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません