第1章「カッコいい」という日本語|4クレージーキャッツ語源説

クレージーキャッツが「カッコいい」のは、表面的には、おちゃらけていながら、本質的には、優れた演奏能力を持ったジャズ・バンドだったという、その〝ギャップ〟の故であるーー。平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは、「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日毎日更新)

4 クレージーキャッツ語源説


犬塚弘氏の証言

 さて、六〇年代に於ける「カッコいい」ブームの発生源探しの最後に、もう一つ、興味深い説を紹介しておこう。

『日本俗語大辞典』には、「カッコいい」という言葉について、まず「人・物(車・服など)・様式など見た目にすばらしい。すてき。」という、これまで目を通した辞書と同様の定義が書かれているのだが、語源に関しては、更にこう続けている。

「一九六〇年代にクレージーキャッツがテレビではやらせたが、戦前からあることばで、軍隊でも使われていた。主に子供・若者が使用。」

 野坂昭如は、「カッコいい」とは、「テレビ関係者の中から生れた、一種の方言である」と書いていたが、その「テレビ関係者」とは、クレージーキャッツのことだったのだろうか⁉

 ハナ肇とクレージーキャッツは、一九五五年にその前身「キューバン・キャッツ」を結成し、改称後、六一年に《スーダラ節》が爆発的にヒットし、有名になった一種のコミックバンドである。先述の如く、日本では戦後、一九五三年頃までに一大ジャズ・ブームが到来していたので、その波にも乗った、ということだろう。六二年には、映画『ニッポン無責任時代』に出演し、全盛期を迎えるので、時期的には、「カッコいい」という言葉の流行の始まりと合致している。

 残念ながら、メンバーはベーシストの犬塚弘を除いて既に鬼籍に入っているが、幸運にも、その犬塚氏にインタヴューを行うことが出来た。

 事情を説明し、真相を確認したところ、次のように話していただいた。

うーん、私たちが「カッコいい」という言葉を流行らせた、ということはないんじゃないかなあ。仲間内でも使っていなかったと思うし。……ただ、その言葉が戦前の楽隊で使用されていた、という説はその通りかもしれない。

 クレージーキャッツはテレビで、「俺たちはカッコいい」と主張していたわけじゃないから、たぶん、僕たちを見ていた視聴者とか一般の人たちが、「クレージーはカッコいい!」といつしか言い出して、それがメディアでも取り上げられて、広まるようになった言葉じゃないかな。

 そもそも、クレージーキャッツが、他の同じようなバンドと違うところは、お笑いもやるけど、楽譜を読んで、きちんと楽器を演奏するところ。

 ほら、楽譜もきちんと読めずにテレビに出るバンドもいるじゃない?

 そういう人たちとは違って、音楽家として上手に演奏する様を「粋」に感じて、それをカッコいいと、一般の人は思ったんじゃないかな。お高くとまらなかったし。

 一見たんなるお笑い芸人のようだけれど、いざ演奏させてみたら、「すごくうまい!」という〝ギャップ〟に人々は驚いていたのかもしれない。スタイル・容姿・顔立ちが「カッコいい」ということじゃなくて、純粋に音楽の演者としてのうまさ、音楽家としての側面が「カッコいい」という言葉に繋がったんじゃないかと思うよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
カッコいい」とは何か

平野啓一郎

『マチネの終わりに』『ある男』を発表してきた平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

genhaminamoto 源さんがクレイジーキャッツの敬愛しているのも「カッコいいの分類」②のギャップだと思うけど、源さんもそのギャップを持っているし、何なら最近は「カッコいいの分類」③を発揮している気がする🤤 4ヶ月前 replyretweetfavorite