落としにくい急須の注ぎ口の汚れも、スルッとキレイに!

約20年前に日本で初めて紹介され、「環境に優しいエコなお掃除方法」として一大ブームとなったナチュラルクリーニング。その火付け役である佐光紀子さんの最新刊『ナチュラルクリーニングの最強レシピ』より、基本のキから最新テクまで、ナチュクリ情報をわかりやすくご紹介! この夏、お掃除上手になれること間違いなしです。

「子どもがいても安全」が多くの主婦に刺さった黎明期
カレン・ローガンというアメリカ人が「重曹と酢で掃除をする」というテーマで書いた本『天使は清しき家に舞い降りる』を翻訳したのは、1998年。「重曹って何?」「そんなもので掃除できるの?」と私も周囲の人もいぶかしく思ったものです。でも実践しながら訳していくうちに、重曹と酢の組み合わせで驚くほど家の中がキレイになり、しかも手あれから解放されたことで、私はすっかり重曹にハマッてしまいました。小学1年生だった長男にお風呂掃除をまかせられたのは、体に優しい重曹と石けんだったからこそ。化学物質を含まないナチュラルな素材での掃除との出会いは、私の生活を大きく変えました。

その後、試行錯誤しながらニオイの強い酢の代わりにクエン酸を使うなど、日本人がムリなくとりいれられるお掃除術としてまとめたのが『キッチンの材料でおそうじするナチュラルクリーニング』(ブロンズ新社刊)です。“ナチュクリ”は、子どもやペットのために強力な洗剤を使いたくないご家庭や、環境に配慮する人たちを中心にエコなお掃除方法として一大ブームとなったのち、定着していきました。薬局でもなかなか見つけられなかった重曹やクエン酸もすっかり市民権を得て、今や百均ショップでも買えるほどメジャーなものに。

“自然派”“ナチュラル志向”というイメージからか、「丁寧な暮らし」の代表のように思われがちですが、ものぐさな私がこの二十年以上この方法で掃除しているのは、ひとえに暮らしがラクになったから。ナチュクリの材料だけで家じゅうどこでも掃除できるので、何本もあった洗剤を一掃するきっかけになりました。また、材料同士を中和させながら仕上げれば、水拭きはほとんど必要なし。ぬらさないですむと、掃除はとてもラクになります。

“得意分野はつけ置き”のニューフェイス
実はこのナチュクリに、10年ほど前から加わったアイテムがあります。それが洗濯機のカビとりにいいと聞いて使いはじめた過炭酸ナトリウムです。当初は、安上がりで刺激の少ない洗濯槽クリーナー程度の認識でしたが、使ってみると、これが重層かそれ以上の働きもの! それまで重曹でこすり落としていた急須の茶シブや、石けんで煮洗いしないと落ちなかったふきんのシミなどが、つけ置きするだけでキレイになるのです。



洗いにくく、汚れがたまりがちな急須の注ぎ口も、過炭酸ナトリウムを溶かしたお湯につけ置くだけでピカピカに!

塩素系の漂白剤のように強いニオイもなければ、Tシャツに飛び散ったところだけ脱色してしまったといった事態にもならず、なんだかいろんなものをキレイにしてくれるという、いいことずくめのパワフルな洗浄剤なのです。ちなみに、インスタグラムのハッシュタグ「#オキシ漬け」でおなじみの「オキシクリーン」も過炭酸ナトリウムです。

以前、子どもが週末に出し忘れたお弁当箱が触りたくないような状態になってしまったとき、「あと始末は自分でしてちょうだい」と言ったところ、「ひどい」と頑なに拒否されて大モメしたことがあります。やむなく「過炭酸ナトリウムと石けんをお湯に溶かしてつけ置きしておくとなんとかなるからやってごらん」と助け舟を出したら、くさかったお弁当箱がいとも簡単にピカピカに! かくして、くさくなったお弁当箱や水筒は、母に言って怒鳴られる前につけ置きすればいいんだ、と学んだ子どもたちなのでした。

ポットのこびりつきなど水あか系の汚れをとるためにクエン酸でひと晩つけ置く、というのは以前からよくやっていました。次の朝にはキレイになっているんだから、こんなにラクなお掃除方法はありません。クエン酸に加えて、油汚れやシミ、さらにはカビなどにも効果のある過炭酸ナトリウムでもつけ置きができるようになったことで、いろいろな汚れをますますラクに落とせるようになりました。
手間がかからないので、子どもでもできるのもつけ置きのいいところです。

掃除というと、私たちはどうしても、「丁寧に」「きちんと」「一生懸命」と考えがちです。でも、寝ている間につけ置きをしておいて汚れが落ちるのならば、そんなに頑張らなくてもいいじゃないかと、ものぐさな私は思います。

令和のナチュクリは、「手間なくキレイに」でいこう!
「手抜きだと思われるのはイヤ」「きちんとできないとみっともない」といった感覚が、私には希薄なのかもしれませんが、ラクにやってそれなりの効果が出ればそれで十分なのではないでしょうか? 「手抜き」ではなく、「家事の手間を省く=家事のしすぎをやめる」。ナチュラルクリーニングは、この考え方をムリなくあと押ししてくれます。

というわけで次回より、ナチュラルクリーニングの基本からより進化したテクニックまで、具体的にご紹介します。
この夏、「手間なくキレイ」を実現できるお掃除の達人になりましょう!

ナチュラルクリーニングを日本に定着させた第一人者が最新のお掃除テクを大公開!

この連載について

ナチュラルクリーニングの最強レシピ

佐光紀子

約20年前に日本で初めて紹介され、「環境に優しいエコなお掃除方法」として一大ブームとなったナチュラルクリーニング。その火付け役である佐光紀子さんの最新刊『ナチュラルクリーニングの最強レシピ』より、基本のキから最新テクまで、ナチュクリ情...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

yasuhiko_tanaka *佐光紀子 @norikosakoh |ナチュラルクリーニングの最強レシピ https://t.co/N6TOuWMEpe 4ヶ月前 replyretweetfavorite