\書籍刊行記念スペシャルver!!!/〜夏のカラダにご用心

王谷晶さんが「女のカラダ」を考えまくってきたこの爆走連載もおまたせしました、ついに書籍化! テンション爆上げ&涙ホロリ、今回は発売記念の特別verです。〈ガールズ、誰にもあなたたちを産む機械とは呼ばせない。そんな扱いはさせない。許可なく触れさせない。侮辱させない。私や、その母の世代や、そのまた母の……そのまたさらに……つまり人類開闢以来えんえんと続いている女に対する暴力の鎖と呪いを、少しでも断ち切り消滅させたい。〉

\単行本、ついに発売!!!/


河出書房新社より発売中

このcakesで連載していた『どうせカラダが目当てでしょ』が一冊の本にまとまり刊行の運びとあいなりました。これも下品な釣りタイトル等に釣られて読んでくださった読者の皆さまのおかげです。加筆訂正・書き下ろしもモリモリ入れ、連載時スベったなと思ったギャグは削るなどだいぶ手も入れておりますので、cakesで読んでくださっていた方にもお楽しみいただける内容になっているかと思います。

で、話変わっていまこれを書いているのは7月22日の朝。参院選の翌日である。当確情報が出揃い、各報道社のサイトを見ながら茶を啜り唸っている。よく「政治と宗教と野球の話はみだりにするもんじゃない」みたいな社交術を聞くが、野球はともかくあまりにも政治と宗教を生活から透明化し過ぎてないか、あたしらは、という思いを新たにしている。なんでいきなり政治の話なのかというと、それは肉体とつながっているからだ。肉体を持って生活している者は、政治から逃れられない。「自分、政治の話はしませんのでっ(キリッ)」って宣言する人もけっこういるけど、話をしようがしなかろうが勝手に尻にひっついてくるんすよね。政治は。こっちで無視しても向こうは無視してくれない。生きて生活してる限り。無視して暮らすこともできるけど、それはつまり自分の生活、肉体に関わることの舵取りを完全に他人まかせにしてしまうことに近く、だいぶおっかないことだと思う。

あちこちで言ってることなんでいまさら隠し立てもしないが、私は今の与党である自民党公明党、そして安倍政権には明確にアンチの立場を取っている。彼らの進める政策、理念、各議員の発言などは私や私の家族や友の生活と肉体を侵害するものばかりだからだ。私は非正規労働をしている貧乏な同性愛者のフェミニストだ。このカードだけでもだいぶ今の世は生きづらい。立場が弱いゆえに、余計に政治のことを考えないと死活問題になってくる。同性婚が実現しないものもちろん(そもそも結婚制度に反対でそこから解体してほしいんだけど)、現政権の推し進めようとする介護や子育てを家族(=ほとんどがその中にいる女性)に押し付ける政策が現実になったら、それは一人っ子で定収入がなくパートナーもいない私にとってはリアルな死に繋がる。いやー、人、みんないつか死ぬけど、「追い詰められた末の死」ってそれだけはカンベンしてほしいやつじゃん? 老人は定年の引き上げだなんだと老いてもなお働いて税金納めろとせっつかれ、女はどんなに炎上しても繰り返される「メスなんだから子供産め」の暴言を浴びせられる。杉田水脈の同性愛者は生産性がない発言の顛末が有耶無耶になったままなのも忘れてねえぞ。まーとにかく政治は、権力は、人の体に干渉してくる。干渉だけならまだしも、政権によってはそれを搾取し簒奪し侮辱しようとしてくる。私の体は私のもの、あなたの体はあなたのものなのに。だからもっとお手軽にフツーのこととして、政治の話をしたり見たり読んだりしよう。自分の手足の先に政治がつながってることを確認しよう。

文字通り女が「産む機械」として奴隷化されるマーガレット・アトウッドの小説『侍女の物語』の世界を、私は現実から遠く離れたファンタジーとしては受け止められない。あれはいま・ここで起きていることの濃縮版だ。リアルがああならない保証はどこにもない。そのとき産む機械として搾取されるのは私よりずっと若い世代だ。今はまだ生まれていない、もしくは子供の女たち。彼女たちのことを考えると、この疲れた中年のハートにも絶対にこの世をもうちょいマシにしてやるからなという闘志が湧いてくる。ガールズ、誰にもあなたたちを産む機械とは呼ばせない。そんな扱いはさせない。許可なく触れさせない。侮辱させない。私や、その母の世代や、そのまた母の……そのまたさらに……つまり人類開闢以来えんえんと続いている女に対する暴力の鎖と呪いを、少しでも断ち切り消滅させたい。

というようなマジメなことも考えつつ、全体としては下ネタとぼやきに満ちた軽〜〜い本が出来ました。装丁も本文もかわいいイラストがいっぱいでSNS映えも間違いなし。クーラーの効いた部屋で、灼熱のリゾートで、ぜひ今年は『どうせカラダが目当てでしょ』をお供に夏をエンジョイしてください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

書き下ろしモリモリでついに書籍化! 私は私を全肯定。

この連載について

初回を読む
どうせカラダが目当てでしょ

王谷晶

脱・ライフハック! 脱・ヘルシー! ウェルカム非生産! 「鏡よ鏡、この世でいちばん美しいのはだあれ?」女子なら一度はかけられる呪い。でもその美しさって本当は誰のためのもの? “女と女が主人公”の短編集『完璧じゃない、あたしたち』が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

o8mimo8o この単行本めちゃめちゃ良かったんだけど、また連載やらないかな。。 (この記事も頷きまくり) https://t.co/RaQNu2iwt0 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

mihoiida_tw ”彼女たちのことを考えると、この疲れた中年のハートにも絶対にこの… https://t.co/DxGNxhipE6 2ヶ月前 replyretweetfavorite

urokogumo 「ガールズ、誰にもあなたたちを産む機械とは呼ばせない。そんな扱いはさせない。許可なく触れさせない。侮辱させない」という文章のパワー!!!!!https://t.co/fQlUkDGMLa 3ヶ月前 replyretweetfavorite

tori7810 #どうカラ 刊行記念書き下ろしコラムをアップしました。本日から各書店さんで販売開始しております 3ヶ月前 replyretweetfavorite