第1章「カッコいい」という日本語|2辞書には何と書いてあるのか?

「カッコいい」が、単一的で、安定した永遠不変の存在ではない、ということは、どうやら確かである。だからこそ、議論しても埒が明かないのである――。平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは、「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日毎日更新)

2 辞書には何と書いてあるのか?

「目立って、見た目がよい」

 話を整理するために、まず「カッコいい」という日本語の意味を、辞書で確認しておこう。

『日本国語大辞典』では、「姿、形、様子などがすぐれていて好ましい。見ばえがよい。」と説明されており、例として、『殺意という名の家畜』(河野典生著 一九六三年)の「人相、服装も、ただかっこいいというだけで、要領を得なかった」という一文が挙げられている。

『広辞苑』もこれと近く、「目立って、見た目がよい」とある。

『明鏡国語辞典』には、「姿や形、様式が(いかにも現代風で)優れていると感じさせるさま。体裁がいい。」とあり、「あのヘアスタイルがかっこいい」、「かっこいい生き方」といった例文が付されている。

 いずれの辞書も、基本的に、外見の良さを評する語だとしている点では共通している。『明鏡国語辞典』の「かっこいい生き方」は、必ずしも外観だけとは言えなそうだが、自ら記している定義をそのまま当て嵌めるならば、「生き方」の「形や姿、様式」を評している、と解すべきなのだろう。

『日本国語大辞典』の『殺意という名の家畜』からの引用箇所では、このことがより明瞭で、「ただかっこいいというだけで」という表現には、〝表面的〟という否定的な意味が読み取れる。後ほど検討するが、「カッコいい」という言葉が、しばしば軽薄に受け止められるのは、この〝実質〟の欠如という印象のせいである。

「いかにも現代風で」

 ところで、もう一点、『明鏡国語辞典』がわざわざカッコ付きで挿入している「いかにも現代風で」という部分はどうだろうか? つまり、古いものは、「カッコいい」とは言えないのか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
カッコいい」とは何か

平野啓一郎

『マチネの終わりに』『ある男』を発表してきた平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売の新書を全編連載。 「カッコいい」を考えることは「いかに生きるべきか」を考えることだ。(平日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuriyuririnn827 初めてかっこいいについて考えてみた。その答えを知ってしまうのが勿体無くて、読み進めたい一方で読み進めたくないジレンマに陥っているなう。#かっこいいとは何か https://t.co/l5YRCpythc 4ヶ月前 replyretweetfavorite