日本の食卓から魚が消える日が現実に 資源半減で価格は2倍

たった数年間でアシカの餌から高級魚に“華麗な変身”を遂げた魚がある。定食屋や飲み屋の定番メニュー、ホッケだ。

 かつては1キログラム50円で取引され、飼料としても使われていたホッケの卸価格は、今はなんと同2500円を超えた。かまぼこの材料にもなるため「すり身の原料が確保できず廃業するかまぼこメーカーが相次いでいる」(北海道の水産業関係者)。

 ホンマグロ(太平洋クロマグロ)やニホンウナギが国際自然保護連合(IUCN)により絶滅危惧種に指定されたことは広くニュースになった。だが、それだけではない。スーパーに並ぶほとんどの魚種が、漁獲量が減り、価格も高くなっているのだ。

 下図は、2006年の日本国内での漁獲量と17年の漁獲量、ならびに10年と18年の消費者価格指数などの価格指標を比べたもの。


拡大する

 ホッケは漁獲高85%減、価格は107%も上がった。イカは67%、ホタテガイが62%、サケも59%と、高級魚に限らず食卓で身近な魚までもが軒並み高騰している。秋の風物詩であるサンマも同様だ。17年はここ50年間で最悪といわれた不漁だった。今年は去年を上回るとはいえ、直近10年間の水準と比べれば全く回復していない。

 国内の漁獲量の減少を補う輸入の状況も芳しくない。17年、日本は1兆7751億円を水産物輸入に充てたが、実際に輸入できたのは248万トン。01年にはほぼ同額で380万トン超を輸入できており、購入条件は30%強悪化した(下図参照)。さらに「価格が上がる中、物量を確保しようと、小さいサイズの魚やかまなどの安い部位を買っている」とある水産会社社員は明かす。流通する魚の質も落ちてきているのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年11/24号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-11-19

この連載について

ニッポンの「魚」が危ない

週刊ダイヤモンド

かつて日本で水揚げされる魚の半分を取り、消費市場としても世界一のお魚王国だった日本。しかし水産資源枯渇と日本の漁業が抱える構造問題のくびきにとらわれ、その王国は消えて久しい。日本の魚は、どこへ行くのか。 ダイヤモンド編集部・鈴木洋子 ...もっと読む

関連記事

関連キーワード