タテ社会の人間関係(中根千枝)

今回の「新しい『古典』を読む」は、1964年に書かれた中根千枝『タテ社会の人間関係』。当時としては異例の100万部を越えるベストセラーであり、「日本論の不朽の名著」として名高い本作から、finalventさんは何を見出すのでしょうか。執筆から半世紀たった現代の日本の問題点も浮き彫りにする書評です。

菅直人元首相の言葉に見た『タテ社会の人間関係』

 社会人類学者の中根千枝が1967(昭和42)年に出版した『タテ社会の人間関係』(講談社現代新書)は、日本社会を知るための重要な著作として40年以上にわたって読み継がれている。オリジナルが発表されたのはさらに3年前、1964年の中央公論誌上だった。2014年で半世紀が経つことになる。

タテ社会の人間関係 (講談社現代新書 105)
タテ社会の人間関係 (講談社現代新書 105)

 この間、日本社会は大きく変貌し、同書に多くの批判も投げかけられた。にもかかわらず、現在、本書を素直に読み返すと、日本社会の現状がそのまま描かれていると感じられるだろう。

 例えば、こういう事例に直面する時だ。福島第一原子力発電所事故に尽力した同所長の吉田昌郎市氏が2013年7月に死去した際、事故当時首相であった菅直人氏はブログに追悼文を書いたが、その背景は何だろうか。なお、この例示は誰かを批判するという意図はまったくない。

吉田所長の活躍がなければ事故はもっと拡大していた可能性が高い。事故発生の翌日の夕刻、東電上層部からの海水注入停止の指示に対し、吉田所長は現場の責任者として、また技術者の立場から注水の継続が必要と判断し、上層部の意向に反して独断で海水注入を継続した。英断だ。
菅直人オフィシャルブログ「今日の一言」-吉田所長の死を惜しむ


 吉田所長の活躍という点では私も菅氏に同感するが、政府が関わる大事故対処の指揮系のあり方としては奇妙な印象を持った。表面的にだが、吉田所長の行動は指揮系に対する違反に見えるからだ。このことが日本の社会ではさほど指摘されなかったように思えたのも奇妙だった。

 加えて奇異な印象をもったのは、指揮系と関連して、事故対処の最終責任者である菅元首相の立場についてだった。吉田所長に命令を下す指揮系は東電上層部であり、直接的な指揮系としては菅元首相が率いる内閣府から独立している。だが、その東電上層部の活動と決断については内閣府の長である菅氏が最終的な責任をもつはずである。機構上、菅氏は東電上層部の決断の信頼が前提になっている。しかしこの述懐からは、菅氏がそう考えてはいないことは明らかだ。いったいどこからこの菅氏のような発想が出てくるのだろうか。さらに吉田所長と菅元首相はどのような規範で指揮系に反する行動をしていたのだろうか。関連して菅氏はこうも吐露した。

 私が吉田所長に最初に会ったのは事故発生翌日の早朝、福島第一サイトの免震棟でだ。東電本店から官邸に来ていたスタッフに何を聞いても全く要領を得ない中、吉田所長は状況を明確に説明し、ベントの実行を確約してくれた。この男なら信頼できると強く感じた。
 吉田所長とは東工大の同窓でもあり、病状が回復されたらゆっくり話をしたいと思っていた。


 これはあくまで菅氏から吉田所長への思い入れに過ぎないが、菅氏としては吉田所長と直接的な信頼で結ばれているという心情を表明している。

 私は「またあれか」と思った。また、タテ社会の人間関係の心情ではないか、と。そう考えれば各種の違和感が解ける。本書が描く「タテ社会」とは何かについてから見ていこう。

「タテ社会」における指揮系統の問題

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新しい「古典」を読む

finalvent

「極東ブログ」で知られるブロガーのfinalventさん。時事問題や、料理のレシピなどジャンルを問わない様々な記事を書かれているが、その中でもとりわけ人気が高いのが書評記事。本連載は、時が経つにつれ読まれる機会が減っている近代以降の名...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

finalvent “【第36回】『 5ヶ月前 replyretweetfavorite

godmother6 正規雇用の賃金の粘着性もこの 約2年前 replyretweetfavorite

godmother6 一匹狼的な猪瀬さん。現政権や官僚のお気に召さないためか、誰からの救いの手は伸びない。心が逝っちゃうというか。ヤマダ電機の鬱社員のの労災認定、社会が見捨てちゃいけないという意味がある。「)を思い出す。 4年以上前 replyretweetfavorite

m_um_u 侍の忠義も上位というより直接の主への感情中心だったようだし、それは論理以前の仲良し主義ということで、世間とか信頼うんたらの議論を思ふ| 【第36回】『 4年以上前 replyretweetfavorite