濃い血もキャラも水で薄まる?―水分補給の悩み

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃。しかし、明ければ今度は猛烈な暑さがやってきます。熱中症予防に重要なのが水分補給。真夏には生死にもかかわるため、近年ではこまめな水分補給が奨励されています。でも、「こまめ」も「補給」も、結構難しい……。今回は、水分補給の悩みを語ります。

退社時間目前、異様に喉が乾いていることに気づく。そういえば、今日はトイレに立ったのも一度きりだ。職場だと水分補給が家よりも難しい。私は水をごくごく飲めない。一口一口、少量の水を送り込む。時間がかかるうえ、カップを倒す危険率も高いので、飲みながら仕事はできない。トイレを気にして水分をあまりとらない習慣が無意識にできてしまったかな。が、職場は、冷暖房の乾燥と六台のパソコンから出る熱が同時に来る。全身が知らぬ間に干からびている。


特に昨年、大阪北部地震後。被災障害者支援をおこなう私の職場は、みなお手すきの時間がなくなっていた。当然、入職当初はなにもできなかった私も、納品に加えて、自身で防災冊子の発注の電話をかけ、お客様対応もメールやFAXでする。震災のお見舞い品のお礼の手紙も、パソコンを使って書く。そして、避難訓練の打ち合わせや防災啓発新作DVDの広告作り、人権教育の指導案作り、と終始緊張の時間が続いていた。 そんな日々が始まる直前の二〇一八年六月、私は僧帽弁閉鎖不全症(心不全)という病名を告げられていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
障害マストゴーオン!

福本千夏

脳性まひ者の福本千夏さん。 50歳にして就職して、さまざまな健常者と関わる中で、感じた溝を語ります。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません