米田知子「Rooms」—歴史の痕跡、見えますか?

週に一度のアート連載。今回は、今までとりあげた大きめの美術館での展示とは趣向を変えて、隅田川のほとりのギャラリースペースでの写真展示「Rooms」をご紹介。観光地に遠出してわいわいがやがやするのもいいですが、都内でのんびりアート鑑賞というのも検討してみてはいかがでしょうか? 米田さんの撮る端正な写真の数々に写しとられたさまざまな人の営みの痕跡をながめるうちに、時間がすぎているはずです。

こんにちは。暑さの盛りですね。むやみに外を歩き回るわけにもいきませんし、こんな時期こそ展覧会をゆっくり巡ってみるのがいいでしょう。今回はひとつ、気持ちがひんやりとする展示を観るのはいかがですか? 東京東部、隅田川のほとり、清澄白河にあるギャラリー「シュウゴアーツ」で開催中の米田知子「Rooms」です。

「気持ちがひんやり」とはいっても、なにも幽霊が描かれているとか、水辺の爽やかな光景が画面に展開されているといったことではありません。タイトルどおり室内の様子、それも多くは「壁」が画面を埋め尽くす写真作品です。それが 静謐 せいひつ で端正で、対峙すればすっと背筋が伸びる感じがあり、しばらく眺めていると伸びた背筋のうえにある脳がはっと覚醒するような、不思議な感覚を味わわせてくれるものなのです。

米田知子は、1990年代から一貫して、写真を用いて作品をつくり続けてきたアーティストです。人にカメラを向けたポートレート作品はほんのわずかで、多くはどこかの風景やモノを被写体にしています。
彼女が選ぶ撮影地は世界各地にわたるのですが、一見さほど著名な場所とは思えません。むしろ漠として、とりたてて変哲のない場が大半です。それなのに、どの一枚の前に立っても、何が心に引っかかるのかつい見入ってしまう。不思議だと思いませんか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント