遺伝子で決まる強いか弱いか 勘違いにも注意

酔うほどにろれつが回らなくなるのはなぜか、お酒に強い、弱いはどう決まるのか? 「酔い」のメカニズムを科学しよう。アルコールは、私たちの体や脳にこんな影響を与えている。

(前回「肝臓に運ばれたアルコールは2段階で分解」の続き)

 下表をご覧いただきたい。Aタイプは、アセトアルデヒドの分解は強いが、アルコールの分解が弱い。翌日まで残りがちで、最も依存症になりやすい。日本人は4%程度だが、白人や黒人はこのタイプが90%を超える。


拡大する

 Cタイプは、二つの分解酵素の働きが共に弱く、「自分は強い」と勘違いしやすい。日本人は3%程度だが、かなり要注意だ。

 Bタイプは、二つの分解酵素の働きが共に強く、かなり飲める。ただし、最強と喜んではいけない。アルコール依存症患者の過半はこのタイプとなっている。

 顔が赤くなるALDH2の低活性型と下戸の非活性型は、日本人には4割ほどいるが、世界的に見るとごく珍しい。「人類が東に向かって進んでいた昔、中国南部付近でお酒に弱い突然変異種が出現、そのニュータイプが日本列島に住み着いた」(柿木隆介・生理学研究所教授・主幹)とされる。

 国内の分布も研究されてきたが、このタイプは東海地方(愛知、三重)に目立つ。かの織田信長は下戸、豊臣秀吉もかなり酒が弱く、徳川家康もそれほど強くなかったといわれる。酒が飲めなくとも、天下取りには支障がなかったようである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年1/12号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-01-07

この連載について

初回を読む
変わります! ニッポンの「酒」

週刊ダイヤモンド

縮小が続くニッポンの酒市場。背景には人口減少や消費者の嗜好の多様化などさまざまな環境変化がある。しかしここにきて、そんな成熟市場で新たな胎動が起きている。既存の枠組みにとらわれない挑戦者たちによって、ニッポンの酒が変わり始めているのだ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード