浅漬けの極意

今日のテーマは『浅漬け』。暑い日にさっぱり食べられ、塩の分量をきっちり計れば失敗はしません。『きゅうり』『パプリカ』『ミニトマト』3種類の浅漬けのつくり方をご紹介します。

浅漬けとは当座漬けや即席漬けとも呼ばれる野菜に塩、昆布、唐辛子などを加え、数時間置いた漬物。発酵をともなわないので、シャキシャキした食感とフレッシュな味が魅力で、油を使わないヘルシーなサラダとして楽しめます。

ポリ袋があれば家庭でも簡単にできるので、挑戦してみましょう。ポイントは塩分濃度。材料を計れば失敗することはありません。今回は塩と野菜だけでシンプルに仕上げていますが、出汁をとるときに使う昆布を漬け込む際に一緒に入れれば旨味が増しますし、生姜(千切りにする)や大葉(仕上げに混ぜる)などで風味をつけることもできます。


基本のきゅうりの浅漬

材料

きゅうり…2本(200g程度)
塩…重量の2%

*注意:浅漬けは食中毒の原因になることの多い料理です。主な原因は野菜の表面に付着している菌なのでよく洗い、気になる場合は湯通しするなどして対策してください。適切に調理すればまず問題は起きません。


1.きゅうりはよく洗い、ヘタを落として乱切りにする。


乱切りの方法についてはこちらで解説


2.袋に入れて、分量の塩をまぶし、手で軽く揉む。(Tips 1 塩の種類は気にしない)


3.皿で挟んでペットボトルなどで重しをし、冷蔵庫で3時間ほど寝かせる。2日を目処に食べきる。(Tips 2 重しをするとどういうことが起きるのか)

3時間以上冷やせば食べられます。


★レシピの解説

【Tips 1】塩の種類は気にしない
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載やnoteの記事をベースに、書き下ろしレシピも加えた『新しい料理の教科書』が好評発売中です!

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yestarina この方の連載はおいしくなる理由が書いていて好きです 4ヶ月前 replyretweetfavorite

yasuhiko_tanaka |「おいしい」をつくる料理の新常識 *樋口直哉さん|cakes(ケイクス) https://t.co/YPzN96ywI9 4ヶ月前 replyretweetfavorite

bunny5567 料理に溶かす時には塩の種類が味に影響しないという話が面白い 4ヶ月前 replyretweetfavorite