ブスが次の約束を取り付けるために

合コンでいいな、と思った人がいたならば、がんばって次の約束を取り付けよう。
誘うときの合言葉は「ダメもと」! 打席に立つ回数を増やすことを意識して、軽く、楽しくお誘いしてみましょう。

ブスの作業 19  次の約束を取りつける
注:本連載開始から「読者が実際に手と頭を動かす箇所」として、「ブスの作業」を提示している。「ブスの作業1~18」を読みたいあなたは、前回までの連載を見てネ。

さて、合コンも終盤に差し掛かった。そろそろゴールを決めなくてはいけない。  
クロージングである。  

合コンの目的のうち、「セックス」「彼氏候補との出会い」「次の合コン幹事と知り合う」の3つは、必ず連絡先を交換し、次のアポを取らねばならない。  

でも、終盤で突然連絡先を交換するのはわざとらしい。序盤から中盤の会話のなかで、必ず伏線を張るべきなのだ。伏線を張るだけでなく、誘うチャンスがあったら誘う。  
映画の話になったら、すかさず、

「いまやってる〇〇、おもしろそうですよねー。いっしょに行きましょうよ!」

と言う。  
水族館の話になったら、動物にまったく興味ない私も、

「しながわ水族館、行ったことないんです。行ってみたい! いつなら行けます?」

と誘っていた。  
連絡先を交換したら、翌日には絶対メッセージを送る。  
ふたりで会いたい場合は、

「来週の木金か、土日、おひまですか? よかったら飲みませんか?」

特にふたりで会いたくない人には、

「昨日はありがとうございました。今度またみんなで飲みましょう!」  

脈がなければ、しつこくしない。とにかく場数を踏むことが目的だ。

・商品を店頭に出す
・顧客の反応をみる

合コンでのこの実体験は得難い。

別にいいんです、付き合えなくても。

そして、好きになってもらわなくていい。自分だって、相手を好きかどうかわからないだろう。この時点で「好き」と思っていたとしたら、それは幻想です。

ダメもとで、軽く誘う。  

打席に立つ機会を増やす。  


これだけでいいんです。

がんばれ、ベアーズ がんばれ、ブス!


ブスの 作業 20 初デートは「さわれる店」を選ぶ

合コンで「居心地のいいブス」を演出し、見事デートの約束までこぎつけたならば、次は、女を意識させるのが目的となる。

肌と肌との接触だ!

最初のデートのお店はあなたが探そう。女がお店を探すなんてプライドが許さない?  
そんなブスは死ねばいい。

このお店選びは、相手によく思ってもらうために選ぶわけではない。さわるための作戦だ。店選びはブスにとって命なのだ。

店選びのポイントは次の2つ。
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ブスのマーケティング戦略

田村麻美

税理士、大学院生、一児の母、そしてブスである田村麻美さんによる、「ブスが幸せな結婚&ビジネスでの成功」をかなえるための戦略論。誕生から、受験、処女喪失、資格取得、就職(即退職)、結婚・起業するまでの物語を赤裸々に記した半生記と、結婚・...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード