酒好きの素朴ななぜ? に答える「酔い」と「遺伝」の基礎知識

酔うほどにろれつが回らなくなるのはなぜか、お酒に強い、弱いはどう決まるのか? 「酔い」のメカニズムを科学しよう。アルコールは、私たちの体や脳にこんな影響を与えている。

 お酒を飲むと、気付かぬうちにしゃべり声が大きくなったり、同じ話を繰り返したりする。さらにはふらふらと千鳥足となり、どうやって家にたどり着いたか記憶をなくしてしまっていたりする。

 なぜ、そうなってしまうのか。翌日、二日酔いで頭が痛くなるのはどうしてなのか。「酔い」のメカニズムを科学してみよう。

 身もふたもない表現だが、酔いとは「脳のまひ」に他ならない。

 お酒を飲むと、その20%が胃で、残る大部分は小腸で吸収される。吸収されて血液に溶け込んだアルコールは肝臓に運ばれ、分解処理に回される。このプロセスは次回で詳述しよう。

 ただし、すぐに分解できるわけではないので、血液のアルコールの多くは心臓を経由して、全身を巡ることになる。飲んだアルコールが脳に到達するまでには、数十分以上かかるのが普通だ。

 酔いの程度は、血中のアルコール濃度が物差しになる。下図を見ていただきたい。アルコール濃度が上がるほど、脳のまひの範囲も広がっていく。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年1/12号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-01-07

この連載について

初回を読む
変わります! ニッポンの「酒」

週刊ダイヤモンド

縮小が続くニッポンの酒市場。背景には人口減少や消費者の嗜好の多様化などさまざまな環境変化がある。しかしここにきて、そんな成熟市場で新たな胎動が起きている。既存の枠組みにとらわれない挑戦者たちによって、ニッポンの酒が変わり始めているのだ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード