写真で話そう

アイデア勝負で、新鮮な顔を撮る

誰しも、「これが自分の一番いい顔」というイメージを持っているもの。そんな顔の写し方について、ワタナベアニさんが意識していることとは何でしょうか。

ワタナベアニです。

何かの集まりに行ったりすると、そこにいる誰かを撮ります。撮らずにはいられないからなんですけど、その写真を送るとSNSのプロフィールに使ってもらったりすることがあるので、うれしいです。

人それぞれ、自分が気に入った顔というのがあって、そう写っていないとイヤな人、驚いて喜ぶ人、のふたつの反応があります。自分で撮るとコンプレックスに思っている部分を隠すひともいるから、それを写してしまうと嫌がられることもある。それを無視して「こちらの方がいい」とは言えないので、そういうときは仕方がありません。

撮られることが日常のモデルや女優などは、同じ写り方に飽きているのでしょうか、いつもと違う自分の顔が写っていると喜んでもらえることが多いです。

ことさら変わった撮り方をしたいわけじゃないんですが、世の中でよく顔を知られた人は先入観で「こう撮るべき」と、カメラマンの方が決めてしまっているような印象を受けます。

たとえば、透明感があって繊細なイメージで知られる女優を撮るとき、今まで見た写真を思い出してしまう。さらに言えば、それを崩そうと、メイクや表情をワイルドに外してみせると、そっちも見たことがある、という堂々巡りになることもあります。八方ふさがりですけど、その仮定でいかに新鮮な顔を撮るかという自分とのアイデアの勝負でもあるんですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
写真で話そう

ワタナベアニ

写真家・ワタナベアニさん。年中無休、四六時中、カメラのシャッターを切り続けています。この連載ではそんなワタナベアニさんのライフワークともいえる、ポートレート写真を掲載していきます。レンズのむこう側で写真家は何を思っているのか、その様子...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sayokokayabuki 「ぬいぐるみ系の、癒やしおじさん」ww 30日前 replyretweetfavorite

hironobutnk ぬいぐるみ系の癒しおじさんとして頑張っています。 #ぬいぐるみ系の癒しおじさん 30日前 replyretweetfavorite