ウイスキー逼迫】市場沸騰 サントリーが狙う次なるブームは?

京都郊外の竹林に囲まれた山間に立つ山崎蒸溜所。
1世紀近く前、サントリー創業者の鳥井信治郎氏が「世界に誇るウイスキー」の生産を夢見て建設した日本初のモルトウイスキー蒸留所は今、国内外の見学者が連日押し寄せる観光名所となっている。

原酒は樽に詰めて長期間寝かせ、熟成の時を待つ。
その間、樽の大きさや材質、気候風土などにより香味が複雑に変化する

 「ほんの数年前まで訪れる人はまばらだった。今は数カ月先まで予約で埋まっている状態」。山崎からウイスキーの魅力を全国へ広める「マスター・オブ・ウイスキー」の佐々木太一氏はそう話す。

 1983年のピーク以来、ウイスキーの国内需要は縮小傾向にあった。転機は2008年のハイボールブーム。アルコール度数を低く抑え、食事とともにジョッキで飲めるハイボールスタイルを飲食店に広めたサントリーの営業戦略が、見事にヒットした。

 一方で2000年代に入ると、「山崎」や「響」など高級ウイスキーが相次いで海外の賞を受賞。サントリーウイスキーは、数百種類の原酒を造り分け、繊細な味を引き出す長年のブレンド技術が評価され、鳥井氏が夢見た世界的な地位を確たるものにした。

 下落の一途をたどったウイスキーの需要が急増に転じた結果、メーカーが今直面しているのが深刻な原酒不足だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年1/12号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-01-07

この連載について

初回を読む
変わります! ニッポンの「酒」

週刊ダイヤモンド

縮小が続くニッポンの酒市場。背景には人口減少や消費者の嗜好の多様化などさまざまな環境変化がある。しかしここにきて、そんな成熟市場で新たな胎動が起きている。既存の枠組みにとらわれない挑戦者たちによって、ニッポンの酒が変わり始めているのだ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード