レールなき人生 そしてみんな「ノマド」になる【第16回】

これまでは男女とも、ある程度分かりやすいレールの乗って生きていける時代でした。終身雇用、専業主婦……。しかしそんな時代は急速に終わりつつあります。私たちはこの「自由に生きる時代」をどのように生きていったらいいのでしょうか?

 この連載も早いものでもう16回目です。これまでは、時代の一足先を行くシリコンバレーの就労事情を中心に紹介してきました。今回はこの連載の最初の区切りとして、今後の私たちは生きていくためのヒントをシンプルにまとめてみましょう。

ある家族の話
 杉森さんはある都銀に勤めるエリート銀行マンでした。一流大学を卒業して銀行に就職。40代で支店長に抜擢され、大勢の部下を抱えて多忙な日々を過ごしていました。週末はいつも接待ゴルフ。美人の奥様は素敵な新築の家で、中学生と小学生の子供2人の子育てに専念。分かり易過ぎるほど昭和的な、盤石の人生なはずだったのです。

 そんな杉森さんの人生を一変させたのは、90年代の大手金融機関の連続倒産です。杉森さんが勤める銀行もあの金融危機の影響を大きく受け、別の銀行に吸収されることになったのです。支店の統廃合や人員削減がおおっぴらに検討され、社内で希望退職が募られるようになりました。合弁後の体制では杉森さんは外様の身です。人生の再設計を余儀されなくなったの杉森さんは希望退職に応募し、割り増しされた退職金を手に20年以上勤め上げた銀行を退職しました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ko_kishi 同じような話でも、松井さんにこう言われると、思わず素直に聞いてしまう…w >> 5年弱前 replyretweetfavorite

gotoichi1003 いじめの話も逃げちゃえばいいけどね。勉強なんてどこでもできる。逆に人生の勉強になるかも。。→ 5年弱前 replyretweetfavorite

Matsuhiro ここまでの連載は一度〆。今週はまとめとして 5年弱前 replyretweetfavorite