自社で酒米作り伝統製法を再現 秋田・新政のこだわり

【キーワード③ テロワール】

 新政酒造の日本酒はおしゃれなラベルで知られる。だが、酒造りは極めて伝統的だ。最古の酵母を使い、江戸時代の製造法を復活させ、醸造にはタンクでなく木おけを使う。ピュアな酒造りに徹底的にこだわる。

 嘉永5(1852)年創業の秋田市の酒蔵、新政酒造の長男として生まれた佐藤祐輔氏が、フリージャーナリストから転じ、同社に入社したのは2008年、34歳のときだった。当時の新政は、普通酒の市場縮小にもがく、つぶれそうな酒蔵の一つだった。

2012年に就任した佐藤祐輔社長は、原点に回帰した酒造りを打ち出す

 佐藤社長が赤字の垂れ流しを止めるための選択肢は限られていた。売り上げの8割を占めていたパック普通酒と決別し、市場が拡大する純米酒(添加物を使うことなく、米、麹、水だけで造られた日本酒)の世界で勝負するしかない。

 これからの新政の酒造りは、混ぜ物など一切入れず、「地元のものしか使わない」。佐藤社長はそう心に決めた。

 まずは酒米からである。味もよく、使いやすいとして全国的に人気があった山田錦を捨てた。手間はかかるが、09年から「酒米を全て秋田県産米にする」ことにした。

 続いて酵母だ。当時、大吟醸酒用の酵母として最新型の1801号が人気を博し、全国の酒蔵がこぞって使用していた。

 だが、これには見向きもしなかった。佐藤社長が「とてもありがたかった」と振り返るように、とっておきの酵母があった。現役の酵母としては日本最古で、1930年に新政のもろみから分離された「6号酵母」である。

苦心を重ね復活させた
江戸時代の製法

新たな酒造りに挑んだ、初期の代表作の一つが「やまユ」。
生酛純米の生酒「ナンバーシックス」は、6号酵母の「6」をあしらった斬新なラベルデザインも人気を後押しした

 新政の日本酒のラベルには、醸造方針が記されている。全てに「秋田県産米」を使い、「純米造り」で「6号酵母」で醸す、添加物(醸造用酸類、ミネラル、酵素など)は一切使用しないとある。

 栽培された産地や気候、土壌の個性を重視するワインの「テロワール」に相通じる「地元のものしか使わない」というこだわりは、生き残りのためだった。だが、おかげで酸味がしっかりとした、個性的な味の酒質を生み出すことができた。差異化にもつながり、経営の立て直しに大きく貢献した。

 新政の酒造りは、その後も進化を続ける。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年1/12号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-01-07

この連載について

初回を読む
変わります! ニッポンの「酒」

週刊ダイヤモンド

縮小が続くニッポンの酒市場。背景には人口減少や消費者の嗜好の多様化などさまざまな環境変化がある。しかしここにきて、そんな成熟市場で新たな胎動が起きている。既存の枠組みにとらわれない挑戦者たちによって、ニッポンの酒が変わり始めているのだ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード