ウイスキー界を席巻する秩父のイチロー

実家の廃業で廃棄寸前のウイスキー原酒を守り、奇跡の復活を遂げた男がいる。2004年にベンチャーウイスキー(埼玉県秩父市)を創業した肥土伊知郎(あくと・いちろう)。自身の名を冠した「イチローズ・モルト」は世界的な賞を総なめし、わずか数年で名だたる老舗メーカーと肩を並べるブランドに上り詰めた。

「四六時中ウイスキーのことばかり考えている」というベンチャーウイスキーの肥土伊知郎社長

 肥土は江戸時代に創業した造り酒屋に生まれた。

 東京農業大学卒業後に入社したサントリーで企画や営業を経験し、数年後に実家に戻った。そこで目の当たりにしたのは、清酒の需要減と安売り競争にさらされ、経営難にあえぐ酒蔵の姿だった。

 父が経営する蔵は戦後ウイスキー事業に参入し、蒸留所を保有していた。だが当時は全く売れず、樽は貯蔵庫で眠ったままだった。肥土はサントリーから戻った当時、その原酒を口にしたことがある。「それまで慣れ親しんだ、水割りでぐいぐい飲めるウイスキーとは全然違う」ことに驚いた。

 ウイスキーの魅力に取り付かれ、本業とは別に都内のバーを訪ね歩いた。バーテンダーに原酒を飲んでもらい、感想を聞くためだ。

 「個性的で面白い味」。そう褒められたが、あくまでもそれはプロの意見であり、消費者に受け入れられるかどうかは未知数だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年1/12号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-01-07

この連載について

初回を読む
変わります! ニッポンの「酒」

週刊ダイヤモンド

縮小が続くニッポンの酒市場。背景には人口減少や消費者の嗜好の多様化などさまざまな環境変化がある。しかしここにきて、そんな成熟市場で新たな胎動が起きている。既存の枠組みにとらわれない挑戦者たちによって、ニッポンの酒が変わり始めているのだ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード