食欲をかきたてる薬味に、イワシと相性抜群の梅干しの「イワシ梅だし茶漬け」

ポルトガル料理でよく使われるオイルサーディン。この連載でもなんどもオイルサーディンを使ったレシピを紹介してきましたが、今回紹介するのはオイルサーディンを使ったお茶漬け。梅干しとオイルサーディン、どんなお味になるのでしょうか?

cakes読者のみなさま、こんにちは。

夏、まだですかね。あっつい夏が待ち遠しいなあ。生ぬるい真夏の夜に、のどを潤す冷たい生ビールが恋しい!

ポルトガル料理をつくっていると、ときどき思わぬ仕事が舞い込みます。以前、イワシ缶、つまりオイルサーディンを使った料理レシピの依頼がありました。オイルサーディンを使って、つまみから麺類、ご飯ものまで、思いつくものを考えてくださいというもの。雑誌掲載後の反響が良かったようで、最近『さば缶&イワシ缶5分でうまい!やみつきレシピ』(日経BP)という書籍にもなりました。今回は、そのレシピの中から、とくに気に入っている夏に食べたいものをいくつかご紹介します。

それにしても、なぜ私にイワシだったのか。担当編集者さんに聞くと、ポルトガル人はイワシが大好きだし(彼らのソウルフードは塩を振ったイワシの炭火焼)、ポルトガルは魚の缶詰が豊富だからです、とのお答え。確かにそう。それにしてもあなた、ポルトガルの食文化にやけに詳しい。詳しすぎる。不思議に思って聞いてみたら、なんと編集者さん、ポルトガル語学科の出身でした。

そういえばと思い、ふと家にあるポルトガルの缶詰を集めてみたのですが、結構ありました。もしかして私、缶詰マニアなのかな……。

ちなみにこの写真の中に1つだけお菓子が混じってます、分かるかなー(正解は最後に)。

ところで、食品としてのオイルサーディンは何がウリなのか。ぱっと思いつくのは、買ったらその辺にほったらかしておいても大丈夫なぐらい保存が簡単とか、賞味期限が長いとか。普段は気にも留めないんだけど、忙しいとか天気が悪いとかで買い物に行けない日々が続いたとき、棚の奥でじっとしていた缶詰めに助けられたりしたことも、私は結構ある。ほかにも、旬の脂の乗った状態の魚を缶に封じ込めるから、実は生魚より栄養が豊富だったりする。EPAやDHA、たんぱく質、さらには骨も丸ごと入るのでカルシウムも豊富。ざっと調べてみても、イワシ缶、地味に実力がある食材です。

じゃあ実際にどんな風に食べたいかというと、私の場合、お酒がすすむつまみか、あるいは食事としてボリュームのあるもの。お酒を呼ぶ味ならなお良し。あれこれ料理を作ってみて分かったのですが、オイルサーディンは、魚のわりに実はそれほどクセのない素材。だから、酸味や辛味などパンチのある味を加えると、酒も食もすすむ一品になります。

たとえば、梅干しと薬味をたっぷり加えただし茶漬け風とか、

みそとしょうがを加えた冷や汁とか、

ニラたっぷりのピリ辛麺とか。

こんな感じで、結構楽しめるのです。

というわけでこれから夏の間は、食欲が出るオイルサーディンメニューをご紹介していきます。まずは梅干しと薬味を加えただけのだし茶漬けから。そもそもお茶漬けなのでポイントも何もないのですが、しいて言えば薬味の準備ぐらい。今回は、薬味を数種類刻んで混ぜておく薬味ミックスを、少し詳しく解説します。この薬味ミックス、夏場に最高に活躍してくれます。

では、オイルサーディンを使ってパパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「真夏のイワシシリーズ①『イワシ梅だし茶漬け』」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gohstofcain これはヤバいぞ!(美味しさ的な意味で) 5ヶ月前 replyretweetfavorite

huuco6 あー、サーディン缶で梅だし茶漬け美味しそーう!冷や汁もいいな。つくろっうと!( ♥︎ᴗ♥︎ ) https://t.co/a0wPcBi19G 5ヶ月前 replyretweetfavorite