口どけさっぱり!シチリア名物、かき氷風“グラニータ”

『グラニータ』は、シャーベットに似たイタリア料理のデザート。ジュースや果汁などでシロップをつくり、冷凍庫で凍らせるだけで、とても簡単です。生姜が利いてさっぱりとした「オレンジと生姜のグラニータ」と「スイカのグラニータ」をご紹介します。

果物のかき氷といった雰囲気のグラニータはイタリア、シチリア島の名物。シャーベットに似てますが、それよりもさっぱりとしたデザートです。果物のシロップやコーヒーなど様々なフレーバーがあり、家庭の冷凍庫でも簡単につくることができます。

製氷機の氷は硬くて食べるのに苦労しますが、砂糖を加えたグラニータはサクサクと噛めるのはなぜでしょうか? ポイントは砂糖の量です。液体に砂糖などを加えると水分子同士が結びつきにくくなる=凍りにくくなります。この現象を『凝固点降下』と言い、グラニータはこの性質を利用したものです。

今回、ご紹介するのは「オレンジと生姜のグラニータ」です。オレンジの爽やかな香りの後に、生姜のピリッとした辛さが残る、夏にぴったりの味。大人向きに生姜を利かせ、甘さもかなり抑えているので、お子さんがいる家庭などは生姜を抜くなど、好みで調整してください。肉料理の前の口直しとしてもぴったりです。冷凍庫で4時間ほどで凍らせる必要がありますが、準備するための実働時間は5分なので、気楽に挑戦してみましょう。


オレンジと生姜のグラニータ

材料(2〜4人前)

オレンジジュース…100cc
ジャスミンティー…100cc(市販品で充分ですが、自分で濃い目に入れたものを使うとよりおいしくできます)
グラニュー糖… 15g
生姜 … 8〜10g程度


1.オレンジジュース100cc、ジャスミンティー100ccにグラニュー糖15gを入れ、泡立て器でよく混ぜて溶かす。そこに生姜(よく洗えば皮は剥かなくてよい)のすりおろし8g程度を加える。(Tips1 砂糖の量は22%以下が目安)


2.容器(プラスチック製または金属製)に1のシロップを移し、ラップか蓋をして冷凍庫で凍らせる。


3.凍ったらとりだし、フォークでひっかくようにして細かくする。(完全に凍る前に途中で一度、かき混ぜておいたほうが作業が楽です)きめが均一になるように氷を砕き、つぶし、ふんわりとさせる。盛り付けるか、また、冷凍庫に入れて保存する。保存してまた硬くなったらもう一度、フォークで砕いてふわりとさせればよい。(Tips 2 秘密兵器はスケッパー)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載やnoteの記事をベースに、書き下ろしレシピも加えた『新しい料理の教科書』が好評発売中です!

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

toto1310 樋口直哉さんのcakesレシピでレモングラニテ作った。https://t.co/NQMvOiFjw4 お持たせで持ってったけど、こりゃいいね。 お祖父ちゃんにも大好評。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite