あなたはノーパン派? それともバケツ派? ―尿漏れの悩み

おしっこー。ちょっぴり漏らしちゃうことくらい、誰でもありますよね?
ただ、それが大量で頻繁なら困ってしまいます。尿意と体の動きが合わない脳性まひの福本さんはどんな策を講じているのでしょうか? 今回は、人間にとって切っても切り離せない、排せつについて語ります。大きいほうの話じゃないので、食事中の方もご安心を。

かつては、月に二度ほど、プールでの水中歩行後、併設のサウナでたっぷり汗をかいていた。着替えもしづらく、足腰も危なくなってからは、ヘルパーさんの女子(生理)周期とも合わず、なかなか行けなくなった。そのせいか、初夏だというのに就寝中の排尿回数が多い。

冬は、モコモコパジャマが多少のものを吸い取ってくれるが、夏は、パジャマが薄い。ちょびっと漏れでもベッドのシーツと敷きパッドを貫く。この程度の話なら(笑)でごまかせるのだけれど、梅雨が明けないある日、失禁してしまった。尿で冷たくなったベッドの上で目を覚まし、尿で張り付いたショーツを曲がった手を使って懸命に剥ぐ。初めての失禁はショックで、なんとも受け入れがたい気持ちだった。でも、隠しておくわけにもいかない。

翌朝のへルパー美知子さんに尿で重くなったベッドのシーツと敷きパッドを洗濯機に入れてもらう。

「無自覚、無意識な失禁は初めてで」

ぼそっと言う私に、彼女は探偵口調で詰め寄る、

「ということは、今までの尿漏れ事件は自覚ある確信犯だったんですね。ちいさん!」

「ちがう! 私、そこまで悪人じゃない。今までは意識があって体が間に合わなかった」

慌てる私に、表情を緩める。

「ですよねー。今日は敷パッドのシミの跡の位置が違ってましたから。なら、忘れましょうか。過度の疲労やストレスで、失禁することがあると聞きますし。今日だけ、たまたまですよ。シャワーでもどうですか」

それから3日後の、2018年6月18日。大阪北部地震が発生。震度6を、自宅マンション10階のベッドで体験。その日、エレベーターが止まったものの、翌日からライフラインは元に戻った。もしも地震の時、失禁していたら……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
障害マストゴーオン!

福本千夏

脳性まひ者の福本千夏さん。 50歳にして就職して、さまざまな健常者と関わる中で、感じた溝を語ります。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません