離婚〉夫は、離婚で白髪になる 妻は、離婚で茶髪になる

夫婦問題カウンセラー・高草木陽光先生の最新作『心が折れそうな夫のためのモラハラ妻解決BOOK 4タイプでわかる』の刊行を記念し、ロングセラーとなった前著『なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか』から、夫婦関係改善に役立つ具体的な10のアドバイスを特別公開!第9回は、「離婚」を決めたときの気持ちのケアの方法です。

離婚が成立するまで、もしくは離婚が成立した後の「気持ちの切り替え方」は、男性と女性では対称的です。女性の場合、はじめこそ悲観的ですが、あるときから肝が据わるというか、覚悟を決める瞬間があるのです。それに比べ男性は往生際が悪い人が目立ち、離婚後もしばらく立ち直れずに生活習慣が乱れてしまう人も少なくありません。

離婚は幸せになるためにするもの

「相談に来る人は、離婚したい人と修復したい人、どちらが多いのですか?」という質問を受けることがあります。答えは「修復したい人」です。

もちろん、はじめから離婚を前提に考え、「離婚の準備方法」や「有利に離婚する方法」などの戦略を教えてほしいという人もいます。そのようなタイプの人は、すでにそれまでさんざん悩んで結論を出しているため、前へ進むための相談が多く、本人の気持ちも前向きです。

当事者も、まわりの人たちも離婚を悲観的にとらえてしまう人が多いのが現実ですが、そもそも離婚は自分の未来を良くするためにするものです。つまり、離婚は幸せになるためにするのですから、決してネガティブに考えないようにしてほしいと私は思っています。

しかし、「離婚したくないのに離婚を迫られている人」「離婚を迷っているけれど、できればしたくない人」など、いわゆる「修復したい人」に属する人たちは、自分がどうしたらいいのか混乱している人がほとんどです。

カウンセリングでは、相談者の気持ちに寄り添いながら一緒に状況を確認し、問題点を洗い出します。そして、相談者に質問を投げかけながら、「その問題がなぜ起きてしまったのか」という原因を一緒に探ります。

このとき相談者のなかには、いろいろな「気づき」や「反省」を口にする人もいますが、それとは逆に「相手がいかにヒドイ人か」ということだけに集中してしまう人もいます。でも、それはそれでかまわないのです。その人の正直な気持ちなのですから……。

相手のことを悪く言っていても、本心は修復したいので、おのずと「修復するためには、どうしたらいいのか」という話に進むことになります。

目指す夫婦関係、つまり目的を掲げ、その目的に近づくための目標を立てて、実行する内容を明確にすることが、修復の第一段階です。

また夫婦関係修復は相手あってこそ成り立つことなのですが、しかし実のところ、根源は「自分との闘い」であるということを、この時点で理解できる人は多くはありません。

次へのステップの切り替えは妻のほうが得意

泰伸さん(43歳)と妻の友里さん(42歳)は、結婚13年目の共働き夫婦です。そして、12歳と9歳の女の子がいます。夫の浮気が発覚し、一時は離婚する騒ぎにもなりましたが、まだ子どもが小さいこともあり、修復することを決めた夫婦でした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか

高草木陽光

夫婦問題カウンセリング8000件の実績をもち、「あさイチ」「バイキング」などメディア出演多数の夫婦問題カウンセラー・高草木陽光先生。最新作『心が折れそうな夫のためのモラハラ妻解決BOOK 4タイプでわかる』の刊行を記念し、ロングセラー...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thinktink_jp "離婚は「幸せになるための第一歩」です。大事なのは、シングルマザーということで「子どもに肩身のせまい思いはさせたくない」という..." https://t.co/XkvNXLzd8t https://t.co/OFxF08cHp1 #drip_app 約1年前 replyretweetfavorite