料理〉夫は、いかに極めるか 妻は、いかに手を抜くか

夫婦問題カウンセラー・高草木陽光先生の最新作『心が折れそうな夫のためのモラハラ妻解決BOOK 4タイプでわかる』の刊行を記念し、ロングセラーとなった前著『なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか』から、夫婦関係改善に役立つ具体的な10のアドバイスを特別公開!第4回は夫婦の日常に欠かせない「料理」のお話です。

「男子厨房に入らず」とは昔からある言葉ですが、現代の男性は「男子厨房に入る」と宣言している人も多くいます。そんな男性は〝婚活市場〟でのポイントも高いようです。40代以上の男性のなかには、未だに「男子厨房に入らず」を言い訳にしている人が少なくありません。しかし、これからの時代は少し考え方を改めないと、〝婿に行けない〟男性がいま以上に増えてしまうかもしれません。

夫の料理は自己満足か、はたまた愛か

男はこだわる生き物です。男性が物事にこだわり追求する能力は、女性のそれとは比べ物にならないし、狂気さえ感じることがあります。だからこそ一流といわれるカリスマは、どんな分野でも男性が多いのでしょう。

しかし、研究熱心なのは良いことですが、それを家庭で発揮しすぎると、夫婦のトラブルに発展してしまうことがあるので、ほどほどにしておいたほうがいい場合もあります。

春江さん(33歳)の夫、正和さん(38歳)が料理に目覚めたのは1年前。

その頃つわりがヒドくて、食べられる物はトマト、アイスクリーム、冷たい蕎麦、ポカリスエットだけだった春江さんは、冷蔵庫を開けても匂いに反応し、吐き気を催すほどでした。

正和さんは、常に体調を気遣い、家事も積極的にやってくれたそうです。水を飲んでも吐いてしまう春江さんを心配した正和さんは、とにかく「妻が食べられる物はないか」という一心で台所に立ちつづけたのです。

そして、夫がつくったキャベツとジャコのパスタを、春江さんが完食できたことをキッカケに、正和さんの料理魂に火がついてしまったのです。

現在、子育てに悪戦苦闘している春江さんですが、それと同時に夫の〝暴走〟に困り果てていました。とにかく凝りすぎなのです。

メニューはもちろん、食材や調理器具、最近では食べる順番まで指示される始末。「好きな順番で食べさせろ!」と心の中で叫びながら食べる食事は「ウザすぎて、美味しいのか不味いのかもわかりません」とのこと。

夫が料理をしてくれるなんて羨ましいかぎりですが、春江さんの悩みは深刻です。最近、どうやら夫はラーメンづくりにハマっているようなのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか

高草木陽光

夫婦問題カウンセリング8000件の実績をもち、「あさイチ」「バイキング」などメディア出演多数の夫婦問題カウンセラー・高草木陽光先生。最新作『心が折れそうな夫のためのモラハラ妻解決BOOK 4タイプでわかる』の刊行を記念し、ロングセラー...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moxcha この回答がモラハラなんですが…。 1年以上前 replyretweetfavorite

restart20141201 相手の行動を 勝手に「良い方向」に解釈し、 自虐的になった上で更に感謝まで… 歪んだ日本の左傾化マスゴミの思考回路と同じ。お花畑。謝罪とお祈り万能主義。 https://t.co/Eax19o7deo 1年以上前 replyretweetfavorite