九螺ささら「きえもの」

九螺ささら「きえもの」【土筆(つくし)】

後ろに人が並んだ瞬間、溢れるほどの幸福感に襲われる。
使命感に誇らしくなり、一音も間違えないよう「今日は土筆の日」と後ろに伝える。
――電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!



(しずかなこはんのもりのかげから)

(しずかなこはんのもりのかげから)

 カノンのごとく土筆は伸びる



 昨日の次は今日で、今日の次は明日だと思ってた。けど、11月11日から、毎日が11月11日だ。数えると、もう一週間。

 駅に行列が出来ている。11月11日11時11分と印字された切符を買おうとしているのだ。

 その時刻が過ぎると、人々は諦めたらしく散らばってゆく。

 しかし、翌日も11月11日だったため、11時11分まで行列が出来た。そして、その時間を過ぎると人々は散らばってゆく。

 行列は日に日に長くなる。

 毎日11月11日が来ると分かった人々が、次の11時11分を待っているのだ。

 町は次の11時11分を待つ人々の行列で占拠された。

 一本の行列は、初めはまっすぐだったが、町に入りきらなくなり、駅の輪郭をなぞるように、一周すると二周目は一周目の外側に……。

 きつきつの渦巻き状になってから、自分も並ばなければならないような強迫を感じ、行列の最後尾につく。

 その瞬間、ふっと全身の力が抜ける。

 下に重力を感じていた体が、前に引力を感じている。

 大いなる何かに組み込まれた感があった。

 遺伝子モデルが頭に浮かび、ATGCというアルファベットの連なりを口ずさむ。

 後ろに人が並んだ瞬間、溢れるほどの幸福感に襲われる。

 電車ごっこをしている子供たちの気分が分かる。

 この前後の一体感は、最大の安寧だ。


 待っていたい。本能的に感じる。ずっといつまでも待っていたい。


 前から伝言があり、「今日は土筆の日」だという。

 使命感に誇らしくなり、一音も間違えないよう「今日は土筆の日」と後ろに伝える。

 何か付け加えようとした自分が、付け加えずそのまま伝えられたことに達成感を感じる。

 ただ立っているだけで、待つという人類最大の信仰を成している。


 同じ祈りを共有する同じ生き物が連なっていることの、愉悦。


 最前で何が行われているのかもう忘れてしまったけれど、このままいつまでも、こうして待っていたい。




 輪唱は悪魔の呪いこの世から意味を全消去する陰謀



この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歌人・九螺ささら「きえもの」一挙15篇収録。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.54(2019年2月号)[雑誌]

三谷匠衡,macho,今祥枝,小林勇貴,武内涼,花房観音,武田綾乃,最果タヒ,東川篤哉,朱野帰子,寺地はるな,結城充考,乾緑郎,吉野万理子,青柳碧人,九螺ささら,門井慶喜,ふみふみこ,荻上チキ,円城塔,平原卓,橋爪駿輝,渋谷直角,カレー沢薫,恒川光太郎,柳瀬博一,新納翔,國友公司,新井久幸
新潮社
2019-01-18

この連載について

初回を読む
九螺ささら「きえもの」

九螺ささら /新潮社yom yom編集部

初の著書『神様の住所』がBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した歌人・九螺ささらによる、短歌と散文が響き合う不思議な読み物。電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません