白ワインと干し鱈コロッケ

「ポルトガル食堂」の連載でもお馴染みの馬田草織さんの最新刊『ムイト・ボン!ポルトガルを食べる旅』の特別公開は、今回が最終回。ポルトガル最大の都市、リスボン郊外にあるワイナリーへ向かいます。ポルトガルの土着品種をメインに10種以上のワインを造る友人の醸造家を訪ね、 干し鱈料理が得意なシェフに合うことに。ポルトガルの食卓を通して見えてきたあることとは。

6章 リスボンとその周辺

トーレス・ヴェドラシュ

白ワインと干し鱈コロッケ

 リスボンに住むワイン醸造家のディオゴ・ロペスは、ポルトガルでできた最初の友人だ。

 彼とは十数年前、人づてに紹介されてリスボンのバスターミナルで待ち合わせたのが初対面だった。当時彼は20代、私は30代。それから数日間、彼の働くアレンテージョのワイナリーや村に連れていってもらった。そこで昔ながらの地方料理、たとえばアソルダ・アレンテジャーナ(コリアンダーとパンとニンニクのスープ)やミーガシュ(豚肉と豚の脂のパン炒め)などを知り、個性的で素朴な料理にすっかり夢中になり、私の取材はどんどん地方へと広がった。

 ディオゴは今、リスボン近郊のトーレス・ヴェドラシュという村で、尊敬して止まなかった大先輩醸造家のアンセルモ・メンデス(ディオゴは当時から彼をワイン界の法王だと言っていた)と一緒にワインを造っている。まだ新しいワイナリーだが、評判は上々らしい。サオリは一体いつ僕のワイナリーを見に来るんだと言われ続け、ある夏ようやく訪ねることができた。

 リスボンで待ち合わせ、車で向かう。しばらく走るとすぐに緑が広がり、やがてあちこちにブドウ畑が現れる。この一帯はリジュボア(リスボンのポルトガル語発音)地方というワイン産地名を持ち、有名無名の造り手が大小の畑を守っている。

「通勤で気持ちいいドライブができるのは、ワイン醸造家の特権だよ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ムイト・ボン!ポルトガルを食べる旅

馬田草織

人生を変えてしまうような味に会いたい! ポルトガルの食をまるごと味わうコラム満載。家庭のキッチンから街角のレストランやカフェまで、縦横無尽に訪ね歩いた、めくるめく食旅エッセイ!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rbike 干鱈のコロッケは興味津々。 白と魚介の組み合わせは得意でないので、自分でやるなら日本の酒を用意するかな。 https://t.co/IDOZqAtlSg 4ヶ月前 replyretweetfavorite