いだてん』第26回「明日なき暴走」〜〈男は負けても帰れるでしょう、でも女は帰れません〉

脚本・宮藤官九郎、音楽・大友良英、チーフ演出・井上剛、大注目のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」第26回「明日なき暴走」。アムステルダム大会では女子陸上が正式種目に。国内予選を席けんした人見絹枝(菅原小春)はプレッシャーに押しつぶされ、期待された100メートルで惨敗。このままでは日本の女子スポーツの未来が閉ざされる──。絹枝は未経験の800メートルへの挑戦を決意する。



〈「いだてん」第26回「明日なき暴走」あらすじ〉

アムステルダム大会では女子陸上が正式種目に。国内予選を席けんした人見絹枝(菅原小春)はプレッシャーに押しつぶされ、期待された100メートルで惨敗。このままでは日本の女子スポーツの未来が閉ざされる──。絹枝は未経験の800メートルへの挑戦を決意する。……



 ピアノが戸外から聞こえてくる。

 さっきまで、人見絹枝は、スポーツに打ち込む自分の生を、ほとんど否定するように語っていた。走ると「化け物」、飛ぶと「バッタ」、何もしないで立っていると「六尺さん」と笑われる。絹枝は、恩師である二階堂トクヨにこう言う。「婦女子はスポーツなどやるべきではない。さっさと結婚して、子を産むこと。それを幸福と言うならば、わたしは幸福になんかなれないし、ならなくて結構です」。

 絹枝が言い終わると、なぜか、軽やかなピアノが校庭で鳴り始める。まるで絹枝のことばを、別の方へと転がすように。「それはちがうわよ、絹枝さん」。トクヨが言う。「あなたはメダルもとり、結婚もする!そうでなくてはいけません」。ピアノ曲は思いがけなく転調する。「わたしは競技スポーツが好きじゃない。オリンピックもしかり。平和や平等をうたいながら、女は陸上競技に出場すら許されない」。そして曲が、もとのメロディを思い出すと、トクヨはいきなり語気を強める。「言語道断!」。そして急に調子を変えて言う。「でも、あなたは応援したい。あなたには品がある」「だから出るべき。変えるべきよ。女子スポーツの未来を」。

 絹枝はそのことばに励まされて、スポーツ大会で次々と記録を打ち立て、ついに日本初の、女子のオリンピック代表選手となる。再び校庭からピアノが聞こえる。トクヨは絹枝への餞別に、髪留めと洋菓子のシベリアを渡す。髪留めは細い。シベリアは甘い。甘すぎて太ってしまう。

 いざオリンピックへの出場が決まると、そこには絹枝の安らぐことのできる場所はほとんどない。新聞記者の田畑政治は無遠慮に「化け物」を連発する。男子たちからは「姉御」と呼ばれ、シベリア鉄道の中では唯一の女子という理由で繕い物や洗濯をまかされる。アムステルダムに着くと、今度は、周囲からひたすら期待のことばが投げかけられる。絹枝はそのプレッシャーに押しつぶされそうになる。

 百メートル走で予想外の予選落ちとなった絹枝は、惨敗した者たちに交じって座りこみ、前髪からはずした髪留めをいじっている。フックをはずすと、包丁の刃先をぴんと弾くような、生の微かな音がする。絹枝は突然顔を上げて、これまで走ったことのない八百メートル走に出場したいと告げる。「男は負けても帰れるでしょう、でも女は帰れません。ニッポンの女子選手全員の夢が、希望が、わたしのせいで絶たれてしまう」。髪留めを失って垂れ下がった前髪が、涙で張りつく。それもかまわぬまま、絹枝は野口をはじめ周囲のメンバーたちに頭を下げて声をあげる。「お願いします、やらせて下さい」。

力走と転調

 絹枝の必死の申し出に根負けした野口は、作戦会議を開いて、絹枝や仲間たちと走り方を検討する。けれど百メートルを走り抜き、疲労も蓄積しているであろう絹枝に、経験したことのない八百メートルを走り切ることができるのだろうか。「もうどうしても、なやみを動かすことができないときには、ただ一つ、わたしは祈る神をもっています」。決勝の前夜、絹枝は自分の心の中の神さまに、こう祈る。「私の体に、どうか明日一回走る力を与えて下さいませ」。

 そしていよいよ八百メートル走が始まる。絹枝がまさにスタートするそのとき、大友良英作曲の「スタジアム」が流れる。聖者が裳裾を引きずるような、ゆったりとしたテンポ。他にも疾走感あふれる劇伴はいくつも用意されているのに、この激走の場面に、なぜ「スタジアム」が用いられるのろうか。その理由は、観れば分かる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

演出・井上剛と音楽・大友良英との対談も収録!

今日の「あまちゃん」から

細馬 宏通
河出書房新社
2013-12-25

この連載について

初回を読む
今週の「いだてん」噺

細馬宏通

近現代を扱ったNHK大河ドラマとしては33年ぶりとなる「いだてん〜東京オリムピック噺〜」。伝説の朝ドラ「あまちゃん」と同じ制作チーム(脚本・宮藤官九郎、音楽・大友良英、演出・井上剛)が、今度は日本人初のオリンピック選手・金栗四三と、6...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

matiere 再放送の前に改めて( ・`ω・´) (2019/07/10) 4ヶ月前 replyretweetfavorite

alice_in_ruins ほんとこの回よかった 4ヶ月前 replyretweetfavorite

Ikko_Yoshida 今週のいだてん話 https://t.co/rUTzRdWGeK 4ヶ月前 replyretweetfavorite

kiumtok これを読んだ後もう一度見たいので再放送録画予約。 4ヶ月前 replyretweetfavorite