上から目線でアドバイスしてくる相手には、「自慢話」をさせる!

頼んでもないのに、上から目線でアドバイスしてくる人っていますよね。しかも「お前に言われたくない」という人物に限って、アドバイスしてきたがる。ムカつきますよね。どう言い返しましょうか?
人気カウンセラー・五百田達成さんの話題の書籍『「言い返す」技術』をcakesで特別連載!
事を荒立てずに、困った相手をスパッと黙らせる、完ぺき&超かんたんな「言い返し方」を伝授します。

「まずはリサーチ。で、プランニング。そうすれば、絶対契約取れるから。わかる?」──

「結局、女ってのは押しに弱いんだからさ。お前もがんばれよ」──

「子どもってのは、3歳までが大事なの。ちゃんと育ててあげてね」──


頼んでもないのに、上から目線でアドバイスしてくる人、いますよね。

 しかも「お前に言われたくない」という人に限って、アドバイスしてきたがる。まったく頭にきます。

 とりあえず話を合わせておこうと「はぁ、そうですか。参考になります」と言おうものなら、相手は絶好調になってアドバイスをやめません。

 かといって、「私には私のやり方があるので」と、無用なアドバイスを断ると、「失礼だ」と怒ってしまう。「それはあくまで、あなたのやり方ですよね」と正論をぶつけても、「だから何?」と、居直る始末。

 実は、この相手、結構な難敵です。

 上手にかわす、うまい言い返し方はあるのでしょうか?

◆「私はこうだった。だからあなたも」という暴論

アドバイスしたがる人は、人の上に立ちたい人です。

 アドバイスとは、それを始めた瞬間、相手の上に立つことができる、不思議なパワーを持っています。「~~したほうがいい」と言うだけで。先生と生徒の関係になれる。こんなに簡単なことはありません。

 ところが、たいていの人は、他人にアドバイスできるほどの知識も、資格もありません。本来、アドバイスなんてできる立場ではない。でも、アドバイスしたい。

そういう人が何に頼るかというと、そう、「自分の経験」です。

 仕事のやり方を指導してくる先輩にしろ、恋の武勇伝を語りたがる上司にしろ、孫の育て方に口を出してくる姑にしろ、たいていのおせっかいなアドバイスのもととなっているのは、「自分が体験したこと」です。

「私はこうだった」「僕はこれでうまくいった」という、自分の経験だけで言ってくる。百歩譲ってそこまではいいとしても、「だからあなたもこうすべき」「だからお前もこれでうまくいく」というのは、はっきり言って、論理が破綻しています。その人とあなたは違う人間なのですから。

 それでも、こういう人たちは、自分勝手なアドバイスをしたがります。こっちが何を言い返しても、話になりません。

「私は違う」と言っても、「いいや、私はこうだった」。

「こういう意見がある」と言っても、「いいや、私はこうだった」。

「それはあなただけでしょ」と言っても、「いいや、私はこうだった」。

 これは強い。まさに悪夢です。

 いったいどうやったら撃退できるのでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

事を荒立てずに困った相手を黙らせるには? ”今日から使える”超かんたん会話術!

「言い返す」技術

五百田達成
徳間書店
2019-05-25

この連載について

初回を読む
言い返す」技術

五百田達成

突然キレてくる人。怖いパワハラ。気持ち悪いセクハラ。顔を合わせれば悪口&陰口。 ――あなたのまわりにもいますよね、そんな困った人たち。 事を荒立てたくはないけど、言われっぱなしもイヤ。あっちに「すみません」と反省させ、こっちもスカッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

megamurara 「自分の経験が世界である」というような発言を自分自身もしないように注意しようと思いました。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

MASAKA_13 昨日被害にあったばかり。。昨日の前にこの記事を読みたかった! 3ヶ月前 replyretweetfavorite

it_hatebu https://t.co/40zfBGdoru 3ヶ月前 replyretweetfavorite

it_tech_news |「言い返す」技術|五百田達成|cakes(ケイクス) https://t.co/Q8NYkZFOE5 3ヶ月前 replyretweetfavorite