話をやたら盛る相手には、「メモを取るフリ」でびびらせる!

場を盛り上げたいというサービス精神から、話を盛るのは、まあご愛嬌です。でも、「盛る」=「ウソ」なので、仕事の場面だと大きなトラブルにもなりかねません。放っておくと大変。どうすればいいでしょうか?
人気カウンセラー・五百田達成さんの話題の書籍『「言い返す」技術』をcakesで特別連載!
事を荒立てずに、困った相手をスパッと黙らせる、完ぺき&超かんたんな「言い返し方」を伝授します。

「だから、その日、がーっと勢いで、30件成約させましたよ」──

「部長のカツラがポーン! て取れて。みんな腹抱えて大爆笑だったんだから」──

「その店って、ほんとは有名人しか入れない店らしくてさあ。緊張したよ」──


話をやたらに盛る人っていますよね。

 いくらなんでも都合が良すぎる。おおげさで怪しい。あからさまなウソなのに、なぜか本人はあっけらかんとしている。どこか自慢げでムカつく。

 ですが、「ほんとかよ」「証拠見せてみろよ」とたしなめようものなら、「何だよ、堅苦しいこと言うなよ。ノリ悪いなあ」と、まるで、こっちが空気の読めないヤツのような扱いを受けてしまう。間違いをただしたのに悪者扱い。これでは納得がいきません。

 だからといって、放置しておくとどんどん「盛り」はふくれあがる。エスカレートするウソにこっちのストレスは溜まる一方。

 他愛ない話ならまだしも、仕事の場面であれば、大きなトラブルにもなりかねません。

 ウソだ! と指摘もしづらいけれど、放っておくと大変なことに。

 なにかいい方法はないのでしょうか?

◆「盛り」とは「ノリ」である

話を盛る人たちは、「ノリ」で話しています。

「ノリ」、つまり、その場の空気がワイワイと盛り上がることを目的に話しているので、正しいかどうかはどうでもいい。楽しければいいし、話がふくらめばそれでいい。サービス精神が旺盛で、多少のウソなら平気でついてきます。

 つまり、「盛り」と「ノリ」と「ウソ」はセットなのです。

 ですから、きちんとした性格のあなたが「大げさなことを言うな」と指摘すると、「場が盛り下がった」「空気が悪くなった」と言われることに。

 相手には「ノリ=全体の空気」という強い味方がついているので、せっかくあなたが正しいことを言っても、受け入れられない。

 また、完全なウソではないのも、タチが悪いポイント。

 冒頭の例にしても、「契約を取ったこと」「部長のカツラがずれたこと」「有名なお店に行ったこと」自体は、ウソではないでしょう。本当におきたこと。真実。だから「ウソをつくな」と言い返しても効果はありません。

「ウソをついてるわけじゃない。脚色してるだけだ」……。いやはや、盗っ人猛々しいとはこのことです。

 なんとかしてこの人たちの「盛りグセ」をストップしたい。そのためにはどうすればいいでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

事を荒立てずに困った相手を黙らせるには? ”今日から使える”超かんたん会話術!

「言い返す」技術

五百田達成
徳間書店
2019-05-25

この連載について

初回を読む
言い返す」技術

五百田達成

突然キレてくる人。怖いパワハラ。気持ち悪いセクハラ。顔を合わせれば悪口&陰口。 ――あなたのまわりにもいますよね、そんな困った人たち。 事を荒立てたくはないけど、言われっぱなしもイヤ。あっちに「すみません」と反省させ、こっちもスカッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

taokaka_chian #SmartNews 朝からこの記事でワロタwww https://t.co/unaPh3rmfg 5ヶ月前 replyretweetfavorite

shigekey ▼▼▼話をやたら盛る人は▼▼▼ 実は▶ 話を盛り上げようとしてウソをつく NG▶ とがめると「ノリが悪い」と白い目で見られる OK▶ メモを取ることで、ウソをけん制 |五百田達成 @ebisucareer | 5ヶ月前 replyretweetfavorite