強引に話を進める相手には、「逆に」で対抗する!

強引な人の誘いを断るのは、なかなか難しいものです。でも、そんなお困りのあなたにオススメの、魔法のフレーズがあるんです!
人気カウンセラー・五百田達成さんの話題の書籍『「言い返す」技術』をcakesで特別連載!
事を荒立てずに、困った相手をスパッと黙らせる、完ぺき&超かんたんな「言い返し方」を伝授します。

「ええ、絶対だいじょうぶです。ですから、ほら、契約のほうをぜひ。すぐに、ほら、はい、はんこをこちらに」

「えー? いいから行こうよ。いいじゃん、いいじゃん。だって、行くって言ってたじゃん。早く、早く、急がないと」


セールスマン、営業マン、得意先の担当者……。なにかと強引に話を進める人、いますよね。こっちとしては、ペースに巻き込まれてつい慌ててしまいます。

 その結果、買わなくてもいい物を買ってしまったり、うまくいくはずのものがうまくいかなかったり。

 一度相手のペースに巻き込まれてしまうと、取り戻すのは大変。

「ちょっと待ってください」「考えさせてください」と、ペースを落ち着かせようとしても、「急がないと」「なくなっちゃいますよ」と、ここぞとばかりに急かしてきます。

「もういいです!」「要りません!」とキッパリ断っても、今度は「どの辺が気になるんですか?」「どこだったらいいですか?」と、あの手この手で食い下がってきます。

 なぜ強引な人の誘い文句は、うまく断れないのでしょうか?

 上手な断り方はないのでしょうか?

◆勢いが9割、内容は二の次

 強引な人たちは、勢いを大事にします。

 たいていの強引な話は、あとでよくよく考えれば、言ってることがおかしかったり、矛盾していたりするものです。ですが、そのときは気づけない。

 なぜかというと、強引な人たちは、「勢いだけ」で話してきているからです。

俗に「人に伝わることの7割以上は、言葉以外の要素(身振りや表情)による」といわれますが、この人たちは最初から、筋道立った話をしようなんて思ってないのです。

 ペースにはめる、勢いでうんと言わせる、一度うんと言わせたらそれをよりどころに一気に契約・購入まで持っていく。

 その一連の流れは、完全にテクニックとして確立されています。いわばプロのトーク。素人が、張り合っても勝てるものではありません。だから、ついつい、相手のペースに乗せられてしまうのです。

 愛想良くしたらつけこまれる。

 はっきり断っても食い下がられる。

 保留すると脅される。

 これはピンチです。どうすればいいのでしょうか?

 あなたは相手のペースに乗せられたまま、降りることはできないのでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

事を荒立てずに困った相手を黙らせるには? ”今日から使える”超かんたん会話術!

「言い返す」技術

五百田達成
徳間書店
2019-05-25

この連載について

初回を読む
言い返す」技術

五百田達成

突然キレてくる人。怖いパワハラ。気持ち悪いセクハラ。顔を合わせれば悪口&陰口。 ――あなたのまわりにもいますよね、そんな困った人たち。 事を荒立てたくはないけど、言われっぱなしもイヤ。あっちに「すみません」と反省させ、こっちもスカッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません