不妊治療最前線

エピローグ】精子&卵子提供、代理出産、養子縁組… 親になる道は一つじゃない

治療の末、残念ながら夫婦共に血のつながった子どもが授からないこともある。それでも親になることを諦められないなら、夫婦以外の第三者の力を借りるしかない。

 1978年、一人の赤ちゃんの誕生が、世界を驚かせた。ルイーズ・ブラウン。彼女は世界で初めて、体外受精によって生まれた子どもだ。

 それから今年でちょうど40年。しかし、今でも全ての不妊に悩むカップルが不妊治療の恩恵を受けられるわけではない。

 次の図は、日本における生殖補助医療の妊娠率と無事出産に至る率が、年齢によってどのように変化するかを表したもの。

 35歳を過ぎてからの下がり方は凄まじく、40歳になると、妊娠率は実に15%。妊娠しても、無事出産に至るのは10%を切っている。

 著名人の高齢出産やインターネットのブログなどで成功例ばかりが目に付くので、体外受精や顕微授精をすれば誰しも子どもを授かると錯覚しがちだが、不妊治療は決して“魔法”ではない。

 不妊治療の結果、どうしても夫婦の遺伝情報を持った子どもが授からなかったとき、まずは夫婦だけの人生を歩むというのが一般的な選択肢だ。しかし、それでも子どもを育てたいという思いを諦め切れない場合はどうするか。

 その主な選択肢が次の表だ。法律上の手続きや認定条件が厳しい特別養子縁組、規制が進んで受けられる国が年々減っている代理出産と比較して、実は精子提供と卵子提供が最も現実的な手段である。精子提供については、約60年ほど前から行われていて、現在は日本産科婦人科学会が認める施設で主に行われている(人工授精のみ)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年7/21号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-07-17

この連載について

初回を読む
不妊治療最前線

週刊ダイヤモンド

不妊がいまだタブー視され、オープンに語りにくい日本。そのせいか、インターネット上には口コミなど実にさまざまな情報があふれ、患者たちは右往左往している。本特集では不妊治療の実態、そして全国不妊治療施設に実施したアンケートを基に医療機関の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード